4分間のマリーゴールド:第7話 “藍”横浜流星が“廉”桐谷健太と衝突! “沙羅”菜々緒の身にも異変が…

テレビ
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第7話の場面写真=TBS提供

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の第7話が11月22日に放送される。「死の運命」が見える能力を持つみこと(福士さん)のプロポーズを、義姉の沙羅(菜々緒さん)が受け入れ、花巻家では2人の婚約パーティーが開かれる。そんな中、みことの義弟で“料理男子”の藍(横浜流星さん)は、進路について悩んでいた。

 大学進学の準備を進める藍は、本当は料理の勉強をしたいという思いを抱いていた。みことと沙羅は藍の夢を応援するが、高校中退という学歴で苦労した兄・廉(桐谷健太さん)は猛反対する。ある日、廉は実家の老舗旅館を継いだ元恋人の千冬(磯山さやかさん)と再会し、食事をする。夫と共に旅館を切り盛りし、今は幸せに暮らしているという千冬の言葉に、廉は別れて正解だったと自分に言い聞かせるが、千冬への未練を断ち切れていなかった。

 そんな中で迎えた大学受験当日、兄弟に見送られ会場に向かった藍は思わぬ行動に出る……。予告映像では、藍と廉が本音をぶつけ合うシーンのほか、沙羅が倒れる衝撃的なシーンが公開されている。

 原作はマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されたキリエさんの同名マンガ。手を合わせた人の「死の運命」が見えてしまう特殊能力を持つ救急救命士のみことと、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る