サザエさん:天海祐希主演実写SPドラマに反響 「感動」「リスペクトすごく感じた」 サザエ、マスオ、穴子の再現度には…

テレビ
スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」のメインビジュアル(C)フジテレビ

 女優の天海祐希さん主演で、アニメ「サザエさん」の20年後をオリジナルストーリーで描くスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」が11月24日に放送された。SNSには「すごく感動した!」「余韻がすごい…」「アニメのリスペクトをすごく感じた」といった声が上がった。

 スペシャルドラマは、フジテレビ開局60周年記念とアニメ「サザエさん」の放送50周年を記念して制作。31歳のカツオ(濱田岳さん)は洋食店のシェフに。29歳のワカメ(松岡茉優さん)はアパレル関係のデザイナーに。23歳のタラオ(成田凌さん)は就職活動中だがやりたいことが見つけられず。74歳の波平(伊武雅刀さん)は定年退職しカツオたちの将来を案じていた。70代のフネ(市毛良枝さん)は変わらず波平と磯野家を案じる日々。48歳のマスオ(西島秀俊さん)は中間管理職に就き、サザエ(天海さん)とマスオの17歳の娘のヒトデ(桜田ひよりさん)はサザエと距離を置いていた。サザエはすれ違う家族の仲を修復しようと町内の盆踊り大会へ、家族全員で行こうと計画を立てるが……というストーリー。

 劇中では、西島さんがアニメのマスオの「ええっ?」を再現するシーンが登場したほか、サザエのヘアスタイル、波平の“一本毛”、小手伸也さん扮(ふん)する穴子のせりふの言い方などに、視聴者からは「再現度がすごい!」「サザエさんワールドを壊していない」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る