福原遥:「羊とオオカミの恋と殺人」で“殺人鬼の目”ほめられ照れ笑い 「こう見えて足が…」と意外な素顔も

映画 マンガ
映画「羊とオオカミの恋と殺人」の初日舞台あいさつに登場した福原遥さん

 女優の福原遥さんが11月29日、東京都内で行われた杉野遥亮さんとダブル主演した映画「羊とオオカミの恋と殺人」(朝倉加葉子監督)の初日舞台あいさつに登場。今作で殺人鬼の美少女役を演じた福原さんは、「殺人鬼とか理解できない役をやってみたいなと思っていたので、すごくうれしかったです」と喜びを表現。また、共演した江野沢愛美さんから「普段はこういう可愛らしい感じなんですけど、“宮市さん”になったとき、目が鋭い感じが伝わってきて……殺人鬼でした」と言われると、福原さんは「うれしいです(笑い)……そんな目、してました?」と照れ笑いを浮かべていた。

 舞台あいさつでは、映画の「信じられないでしょうが、これはラブコメです。」というキャッチコピーにちなみ、登壇者が「信じられないでしょうが、実は私……」からはじまる意外な素顔を回答する企画も行われ、福原さんは「私はこう見えて……足が速いんです」と笑いながら回答。福原さんは「よく『走れるの?』って聞かれたり、苦手そうって言われるんですけど」と苦笑しつつ、学生時代はリレーの選手も務めたことがあると明かし、「マネジャーさんと『次の現場までダッシュだ!』というときも、『(福原さんが)速くて……』と言われたり」と自身の俊足ぶりを語っていた。舞台あいさつには杉野さん、朝倉監督も出席した。

 映画はマンガアプリ「マンガボックス」で連載された裸村さんのスプラッターラブコメディーマンガ「穴殺人」が原作。ニートで自殺志願者の青年・黒須越郎と、越郎の隣人で殺人鬼の美少女・宮市莉央の関係性を描く。杉野さんと福原さんのダブル主演で、杉野さんは映画初主演となる。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る