グランメゾン東京:第8話 木村拓哉“尾花”の師匠が登場 玉森裕太“祥平”の涙も

テレビ
連続ドラマ「グランメゾン東京」第8話のワンシーン(C)TBS

 木村拓哉さん主演のドラマ「グランメゾン東京」(TBS系、日曜午後9時)の第8話「ビーフシチュー」が12月8日放送される。木場勝己さんと伊藤歩さんがゲスト出演する。

 京野陸太郎(沢村一樹さん)が早見倫子(鈴木京香さん)に告白した翌日、尾花夏樹(木村さん)が音信不通になってしまう。夕方、周りの心配をよそに尾花が戻ってくるが、その横には、尾花の料理の師匠で料理人、潮卓(木場さん)がいた。潮の娘の凪子(伊藤さん)から頼まれ、退院する潮を迎えに行っていた、と説明する。

 尾花は、潮に店の料理を食べてもらおうとするが、ほとんど手をつけず途中で怒って帰ってしまう。潮は、帰り際に「一番の問題は京野にある」とだけ言い残した。

 倫子たちは原因を探るべく潮の店へ。そこで店定番のビーフシチューのおいしさに衝撃を受けるが、尾花は潮の様子に異変を感じる……。

 予告映像では「忘れかけた料理への想い」のテロップと共に尾花が悩む姿や、潮が「料理の腕を落としたな、夏樹」と語るシーン、平古祥平(玉森裕太さん)が「あの人はいつも店のことを考えているんです」と涙を流し、京野が抱きしめるシーンなどが収められている。

 ドラマは、パリにオープンさせた自分の店が二つ星を獲得するも、アレルギー物質混入事件で店も仲間も全て失い、どん底まで転落した型破りなフランス料理のシェフ、尾花が、女性シェフの倫子と出会い、東京で世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る