神谷明:実写版「シティーハンター」応援上映にサプライズ登場 作品参加し「とても幸せでした」

アニメ 映画 マンガ
映画「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」の「もっこり応援上映イベント」にサプライズゲストで登場した神谷明さん

 北条司さんのマンガが原作のアニメ「シティーハンター」の冴羽リョウ役などで知られる声優の神谷明さんが12月7日、東京都内で行われた「シティーハンター」をフランスで実写化した映画「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」(フィリップ・ラショー監督)の「もっこり応援上映イベント」に登場した。上映後のトークイベントの最後に、サプライズゲストとして神谷さんが客席から現れると会場からは大歓声。吹き替え版に特別ゲストとして出演している神谷さんは「僕もリョウではありませんでしたけど、この作品に参加することができて、みなさんに笑っていただくことができて、とても幸せでした」と笑顔で語った。

 精神分析医やモッコリー役などで出演している神谷さんは、今作について「最後にテロップを見ながら、なんかジーンとしてきちゃったんです。この作品が大好きで、自分から北条先生にお願いして作ろうと思ったラショーさんの気持ち、『シティーハンター』をずっと支えてきてくださった多くのファンの人の気持ちを考えたら、うれしくてジーンとしてしまいました」と感動を明かし、「多くの方からツイートをいただき、2度も3度も見ていらっしゃるということで、我がことのようにうれしいです」と喜びを表現。退場時には「じゃあみなさん、また“もっこり”よろしくー!」と観客に呼びかけ、会場を沸かせていた。

 応援上映には今作に吹き替え声優として出演しているモデルのアレクサンダーさんや、槇村香や海坊主らに扮(ふん)した応援上映などを企画・運営するチーム「V8J」のスタッフも出席。冴羽リョウに扮して出席したアレクサンダーさんは「本当はもうちょっとせりふがあって違うキャラだったんだけど、途中で『これもやって』と言われて、ちゃんとできたから(せりふが)増えたのかな、と思っていたら減っていた(笑い)。でも、それで安心した」と裏話を明かし、会場を笑わせていた。
 
 原作の「シティーハンター」は、1985年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」で連載が始まったマンガ。東京・新宿で、裏社会ナンバーワンの始末屋(スイーパー)冴羽リョウの活躍が描かれた。1987~99年にテレビアニメが放送されたほか、3作の劇場版アニメが製作された。今年2月に新作劇場版「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」が公開されたことも話題となった。フランス実写版は、今年2月に公開され、同国だけで約168万人を動員した話題作。

 日本語吹き替え版では、山寺宏一さんがリョウ、沢城みゆきさんが槇村香、田中秀幸さんが槇村秀幸、一龍斎春水さんが野上冴子の声優を務めている。これまで、アニメでリョウの声優を務めてきた神谷さん、香を演じてきた伊倉一恵さんは、特別ゲストとして別の役で出演している。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る