グランメゾン東京:“尾花”木村拓哉&“倫子”鈴木京香ら最高チームの結末に視聴者「三つ星!!」(ネタバレあり)

連続ドラマ「グランメゾン東京」で早見倫子を演じている鈴木京香さん
1 / 1
連続ドラマ「グランメゾン東京」で早見倫子を演じている鈴木京香さん

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系、日曜午後9時)の最終回が12月29日に放送され、尾花夏樹(木村さん)と早見倫子(鈴木京香さん)たち「グランメゾン東京」が三つ星獲得を目指す物語の結末が描かれた。SNSには「三つ星!!」「極上のグルメごちそうさまでした!!」「私の涙腺、さようなら」「終わって悲しい感情より、幸福感が上回っている」といった声があふれ、「グランメゾン東京」「gaku」がツイッターのトレンドに入った。

 ◇以下ネタバレあり

 ドラマは、パリにオープンさせた自分の店が二つ星を獲得するも、アレルギー食材混入事件によって、店も仲間もすべて失いどん底まで転落した尾花が、女性シェフの倫子と出会った後、ギャルソンの京野陸太郎(沢村一樹さん)、シェフの相沢瓶人(及川光博さん)と平古祥平(玉森裕太さん)といったかつての仲間、そして新たに加わった見習いの芹田公一(寛一郎さん)、パティシエの松井萌絵(吉谷彩子さん)、ソムリエの久住栞奈(中村アンさん)という、尾花が思い描いた“最高のチーム”で三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描いてきた。

 最終話は、ミシュランの審査が近づく中、尾花がフレンチ料理にとって“禁断の食材”とされる「マグロ」を使って、新メニュー開発に挑んでいた。倫子は、そんな尾花の姿を見て、不安になりつい口を出してしまう。そこから尾花と倫子で、どちらがおいしい魚料理を生み出せるか競い合い、おいしい方をコースに取り入れることに。そして、倫子が「ハタのロティ ノアゼットアンショア」を完成させる。ミシュランの調査が開始される中、「グランメゾン東京」に調査員が来ないことを不審に思った尾花は、アレルギー食材混入事件の犯人が祥平だと知り、祥平がいるお店にはミシュランの「星を付けさせない」と断言していた美食家のリンダ・真知子・リシャール(冨永愛さん)のもとを訪ね、料理を食べに来るよう懇願する。

 リンダが「グランメゾン東京」を再訪。尾花は倫子に「俺たちがやってきたことを、きょう全部出す。思いっきり楽しもう」と、チームの仲間たちとの思い出が詰まったメニューを、魂を込めて調理。コース料理を食べたリンダは三つ星の素質があることを認め、調査員が来店することに。それから数日後、尾花が「マグロの瞬間焼き」を完成させ、三つ星の審査時のメニューは「マグロの瞬間焼き」に決まる。調査は順調に進み、三つ星の調査員が来店する当日、倫子は、尾花に「私の『ハタのロティ』の方が良い。私の料理で勝負する」と決断。尾花は「好きにしろ」と店を去ってしまう。

 ミシュランの発表式が行われる。そのさなか、倫子は、京野たちから、尾花が「ハタのロティ」を認めていたこと、倫子が自信を持って客に料理を提供できるのかといったことなどを試していたことなど、尾花の知られざる思いを聞かされる。そして、尾花が会場の外で見守る中、「グランメゾン東京」が見事、三つ星を獲得。そして倫子は尾花が手伝っていた洋食店に赴き、2人で「グランメゾン東京」の世界進出に思いをはせる……というストーリーだった。

 SNS上では、「2019年に最高のドラマを見せてくれてありがとう!!」「素晴らしかった! めっちゃかっこよかった!!」と称賛の声があふれたほか、“改心”したライバル店「gaku」のオーナーの江藤不三男(手塚とおるさん)や、「gaku」に復帰した丹後学(尾上菊之助さん)が「グランメゾン東京」のピンチを救うシーンにも感動の声が上がっていた。

テレビ 最新記事