植田圭輔:テレビアニメ、舞台「pet」で主演 「自分自身を成長させてくれる役、作品」

アニメ マンガ
アニメ「pet」の上映会に登場した植田圭輔さん

 三宅乱丈さんのマンガが原作のテレビアニメ「pet」の上映会が1月5日、TOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)で開催され、俳優の植田圭輔さんが登場した。植田さんは“2.5次元俳優”や声優としても活躍しており、「pet」の舞台版で主人公・ヒロキを演じ、テレビアニメでもヒロキの声優を務める。声優、俳優として活躍していることについて「表現者として役を演じるのは、アニメも舞台も変わりません。いろいろなことに挑戦できる時代になったと思っています」と語った。

 自身が演じるヒロキを「喜怒哀楽のお化け。等身大っぽいようで、掘れば掘るほど、感情がつかみきれなくなる」と表現し、「自分自身を成長させてくれる役、作品。スタッフの皆さんの熱意、思いが詰まっています。2020年に風穴を開けられるような作品になれば」と話した。

 「pet」は、「ぶっせん」「イムリ」などの三宅さんのマンガ。他者の脳内に潜り込み、記憶を操作する能力者たちの愛憎を描いた。アニメは「夏目友人帳」などの大森貴弘さんが監督を務め、「虐殺器官」などのジェノスタジオが制作する。1月6日からTOKYO MX、BS11ほかで放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る