ねぇ先生、知らないの?:第5話 馬場ふみかにライバル? カリスマモデル・矢作穂香が登場

連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」第5話の場面写真 (C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
1 / 5
連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」第5話の場面写真 (C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館

 女優の馬場ふみかさん、俳優の赤楚衛二さんダブル主演の連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」の第5話が1月9日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。恋愛マンガ家なのに恋愛とは無縁の生活を続けてきた青井華(馬場さん)は、恋人のカリスマ美容師・城戸理一(赤楚さん)が、店で女性に抱きつかれているのを目撃。その後、理一との連絡は一切無く、不安を募らせる。

 華は、女性が誰なのか聞けないまま、編集担当の桐谷(和田雅成さん)と共に、ドラマ化が決定した代表作「君ダメ」の撮影現場を訪れ、華のマンガの大ファンで、ヒロインを演じるカリスマモデル・星野七瀬(矢作穂香さん)と出会う。尊敬している華に会えて大喜びの七瀬に、ドラマ専属ヘアメーク係と紹介されたのは理一だった。

 久々の再会に戸惑いを隠せない華は、理一にある思いを打ち明ける。一方、理一に片思いしていた七瀬は、華と理一の様子をみて、華が理一の彼女だと気付く……。予告映像では、理一の「話したいことがある」との連絡に「まさか、別れ話?」と悩んだり、ドラマの撮影現場で理一に会い驚いたりする華の様子が公開されている。

 原作は、マンガ誌「プレミアCheese!」(小学館)で連載中の浅野あやさんの同名人気マンガ。馬場さん演じる、恋愛経験に乏しい自分を隠しながら恋愛マンガを描いてきたマンガ家・青井華と、ドラマ初主演の赤楚さん演じるカリスマ美容師・城戸理一のラブストーリー。理一の店に通う、モデルで女優の星野七瀬役を矢作さん、華の担当編集者の桐谷朝陽役を和田さん、理一のアシスタント美容師で、中性的なイケメン男子・潤役を、9人組ダンスボーカルユニット「SUPER★DRAGON」の古川毅さんが演じる。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る