山田裕貴:ストーカー教師役に自信 ヒロイン秋田汐梨に熱い告白も

テレビ
連続ドラマ「ホームルーム」に出演している山田裕貴さん(左)、秋田汐梨さん

 俳優の山田裕貴さんが主演を務める連続ドラマ「ホームルーム」が、1月23日、MBS深夜の「ドラマ特区」枠(木曜深夜0時59分)ほかで放送をスタートする。秋田汐梨さん演じる女子生徒・桜井幸子を“狂愛”するストーカー教師・愛田凛太郎を演じる山田さんは「ほかの人たちはこの役を絶対やらないだろうな」とニヤリ。ヒロインを演じる秋田さんについては「理想の幸子でした」と、熱い思いを告白した。2人に自身の役柄やドラマの魅力について聞いた。

 ドラマは、ウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」で連載中の千代さんのマンガが原作。「ラブリン」の愛称で親しまれている爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎は、担任するクラスでひどいイジメにあう生徒の桜井幸子を助けていたが、実は幸子をいじめていたのは愛田本人だった。幸子を好きすぎるあまり、自分でいじめて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、幸子のヒーローを装うが……という展開。映画「全員死刑」や、ドラマ「スカム」「GIVER 復讐の贈与者」などの小林勇貴監督がメガホンをとる「学園サイコ・ラブコメ」だ。

 ◇役に入り込みすぎて「気持ちが分かるんです」 写真だらけの部屋で「落ち着く」?

 「面白い役をやりたい。どんなところにも飛び込んでいけるのが自分の強みだと思っていた」という山田さんは、愛田役のオファーに「こういう役やりたかったんですよ」と大喜び。幸子のヒーローでいるために自ら幸子をいじめる愛田については「不思議なことに、演じていると気持ちが分かるんです。もちろん変態と言われているけれど、ラブリンにとっても幸子にとっても、純粋な気持ち」と代弁し、役に入り込んでいる際は「本当に(幸子が好きすぎて)苦しくなるし、幸子の写真を貼ってある部屋にいると、すっごく落ち着くんですよ。気持ち悪いじゃないですか。でも不思議なもんで(落ち着く)」と振り返る。

 また、恋愛もののヒロインを初めて演じた秋田さんについては「汐梨ちゃんも素直な子で、理想の幸子だったからお芝居してて楽しかった」と絶賛。「最後のシーンなんか、ふたりでやりながら『すてき』って思っちゃった」と手ごたえを明かした。

 一方、初めてラブストーリーのヒロイン役を演じた秋田さんは「すごいシーンがいっぱいあって、地上波で放送できるのか心配でした」と、第1話のインパクトを語る。初めて台本を読んだときは「何でこうなるかよく分からない。幸子の気持ちをあんまり理解できなくて不安だった」というが、山田さんの「演じていると気持ちが分かる」という言葉に「やっていくうちに自然と(幸子の気持ちが)理解できるようになっていて、最後は自分から(激しいシーンを)やりたくなった」と、うなずいた。

 山田さんの「理想の幸子」の言葉には「私がそうなれたのは本当に山田さんのおかげ」と照れ笑い。撮影の合間も「本当に幸子として接してくれた。結構人見知りで現場になじむのに時間がかかる方なんですが、初日からたくさん話しかけてくれた。撮影期間が楽しかったのは、山田さんのおかげです」と感謝した。

 ◇第1話から“全裸”? 撮影前の準備は…

 第1話では、愛田が全裸で登場するなど、ストーカー教師の変態的なシーンが連発する。山田さんは、撮影の前に「初めて脱毛に行きました。全身つるつるは気持ち悪いかと思ったんですが、そういう準備もありました」と告白。今回は、ひざ上まで全部脱毛したといい「めっちゃいいッス、通いたいッス」とにっこり。

 一方、秋田さんは、愛田の裸のシーンについて「(愛田)先生のことをずっと思うために、(変態的な部分の)台本はサーッと読み流したりしていました」といい、第1話が完成するまで「見るのがはじめて。あんなことされてたんだ」と明かす。現場では「本当にアドリブがすごくて、テストの時まで笑っちゃうくらい。変態なことをされているんですが、楽しいシーンになっていると思います」と笑顔で語った。

 第1話の見どころについて、秋田さんは「愛田先生の印象がコロコロ変わっていっちゃうので、30分があっという間だと思います」と自信を見せ、「1話というより、全部続けて見てほしい」と熱望した。山田さんも「(自分が)こんなに裸になることもないし、本当に最終話まで見たら泣いてる」とうなずき、「愛をうまく表現できない人の悲しみが、幸子にぶつかって、ぶつけられて、いい恋愛ドラマだと僕は思うのでそういうところを見てほしい」と熱くアピールしていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る