大泉洋:小池栄子と“口争い” むちゃぶりでモノマネ披露も… 映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」完成試写

映画
映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」の完成披露試写会に出席した大泉洋さん(左)と小池栄子さん

 俳優の大泉洋さん、女優の小池栄子さんが1月23日、東京都内で行われた映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」(成島出監督、2月14日公開)の完成披露試写会に出席した。大泉さんは、小池さんからマイケル・ジャクソンのものまねを“むちゃぶり”され、嫌々ながらも披露。無数のシャッターが切られ、「写真(撮るの)止めてもらっていいですか!」と悲鳴を上げた。

 小池さんは、映画の宣伝のために大泉さんと多数のバラエティー番組で共演。「とっても楽しくやらせてもらっています」と話す一方で、「大泉さんと別れた後にすごく安らかな気持ちになる(笑い)。力んじゃっていつも以上にエンジンかけているんでしょうね。帰った時に、こんなに安らかになるんだって。パワーを吸い取られる方」と苦笑しながら暴露した。

 まさかの告白に大泉さんは「お互いさまでしたよ!」と返し、「バラエティー出たときの小池さんの“振り”がすごい。やたらとものまねを振ってくる。正直、この人と一緒に出たくない。すごくカロリーを使う。この前も永遠にものまねさせられて、始まって10分で喉がかれた」「お前との宣伝活動、ほんと嫌!」とぼやきまくり。口争いする2人の姿に会場は笑いの渦に包まれた。

 映画は、文豪・太宰治の未完の遺作を劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんが戯曲化した「グッドバイ」が原作。何人もの愛人を抱えるダメ男・田島周二(大泉さん)が、多数の愛人たちと別れるため、金にがめつい担ぎ屋・永井キヌ子(小池さん)に女房を演じてくれと頼み込むことから起こる騒動を描く。成島監督にとって、デビュー作以来のコメディーとなる。

 モテ男を演じた大泉さんについて、小池さんは「たまに、ものすごいセクシーだった」と回想。しかし、大泉さんは「たまにって言いますけど、僕はずっとセクシーに演じていたつもりですけど……」とここでも反論していた。この日の完成披露試写会には水川あさみさん、橋本愛さん、緒川たまきさん、木村多江さん、濱田岳さん、松重豊さん、成島監督も登壇した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る