10の秘密:第3話 “圭太”向井理が誘拐“黒幕”に反撃 “10年前の秘密”が明らかに “翼”松村北斗は…

テレビ
連続ドラマ「10の秘密」第3話のワンシーン(C)カンテレ

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第3話が1月28日に放送される。第3話の副題は「娘の奪還!誘拐事件の黒幕へ反撃…10年前の火事の真相」。予告映像では、「明らかになる10年前の秘密」「秘密を手にした男の反撃」「新たな秘密が波紋を呼ぶ」というテロップと共に、白河圭太(向井さん)が帝東建設の社長・長沼豊(佐野史郎さん)に詰め寄る姿、圭太の元妻・由貴子(仲間由紀恵さん)が誘拐された瞳(山田杏奈さん)を救おうとするシーンなどが収められている。

 圭太は誘拐された瞳を救い出すため、由貴子の指示のもと、自殺した矢吹(中林大樹さん)が残した帝東建設の不正の証拠を手に入れた。誘拐犯との危険な取引を前に由貴子の身を案じるが、由貴子は圭太の心配をよそに、不正データが入ったUSBを持って瞳を誘拐した二本松(遠藤雄弥さん)の元に向かう。

 圭太と幼なじみの菜七子(仲里依紗さん)が瞳の帰りを待ちわびる中、そもそも、娘が誘拐された原因は「10年前に起きたある事件にあるのでは」という疑念が払拭(ふっしょく)できない圭太は、菜七子にひた隠しにしてきた10年前の秘密を語り始める……というストーリー。

 「10の秘密」は、連続ドラマ「嘘の戦争」「銭の戦争」、「チーム・バチスタ」(いずれもカンテレ・フジテレビ系)シリーズなどを手がけた後藤法子さんのオリジナル脚本。シングルファーザーの圭太が一人娘の瞳を誘拐されたのを発端に、元妻の由貴子たち登場人物のさまざまな秘密が明らかにされ、次々に事件が巻き起こるサスペンス。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る