ゲゲゲの鬼太郎:第92話「構成作家は天邪鬼」 高視聴率番組の裏側に…

アニメ マンガ
「ゲゲゲの鬼太郎」の第92話「構成作家は天邪鬼」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期(フジテレビほか)の第92話「構成作家は天邪鬼」が2月9日、放送される。

 テレビディレクターの奥田は、仕事でいい結果が残せず、息子の陽介も、自分が手がけた番組よりもネットの動画ばかり見ていて、毎日肩を落としていた。ねずみ男から「いいネタがある」と話を持ちかけられた奥田は、連れられるまま山奥を訪れる。奥田の前に現れたのは、人の不幸が大好きな天邪鬼だった。天邪鬼は「人の幸せを壊す様を撮って、番組として放送しろ」と脅す。内心反発していた奥田だったが、番組は高視聴率をたたき出し、無関心だった陽介をも引きつける。喜びもつかの間、鬼太郎が奥田たちの前に姿を現す……。楠見尚己さんが天邪鬼の声優を務める。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちと、さまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る