絶対零度~未然犯罪潜入捜査~:第6話9.2% “井沢”沢村一樹VS“猟奇殺人犯”清水尋也

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」主演の沢村一樹さん
1 / 1
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」主演の沢村一樹さん

 俳優の沢村一樹さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(月曜午後9時)の第6話が2月10日に放送され、平均視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 「絶対零度」シリーズは、シーズン1(2010年)とシーズン2(2011年)で、新米女性刑事、桜木泉(上戸彩さん)の活躍と成長を描いた。2018年7月期放送のシーズン3と今作は、井沢範人(沢村さん)ら「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)のメンバーが「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪”を予測して捜査をし、さまざまな事件を解決する姿を描いている。

 第6話には、清水尋也さんと足立梨花さんがゲスト出演した。ある日、高校生の浅井航(清水さん)が、専業主婦の松永由貴(足立さん)を殺害した上に、遺体をバラバラにしたという事件が起こる。ミハンから井沢を追い出したい公安部部長の曽根崎(浜田学さん)は、なぜミハンシステムが探知しなかったのか、リーダーの井沢に責任があると責め立てる。統括責任者の香坂(水野美紀さん)は、浅井が逮捕されているにもかかわらず事件を調べ直すことをチームに提案。井沢らは、浅井のことについて調べていく。

テレビ 最新記事