PRINCE OF LEGEND:片寄涼太が吉野北人と“理想のバレンタイン”を再現 ハグし合う姿に1万1000人が大歓声

映画 テレビ
映画「貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」の完成披露舞台あいさつ&ファンミーティングに登場した片寄涼太さん(左)と吉野北人さん (C)2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんが2月13日、東京都内で行われた映画「貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」(河合勇人監督、3月13日公開)の完成披露舞台あいさつ&ファンミーティングに登場した。理想のバレンタインデーのシチュエーションを再現するコーナーで、片寄さんは相手役にダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の吉野北人さんを指名。2人がハグすると集まった1万1000人の観客から大歓声が上がった。

 片寄さんは、「勘違いしないで」とそっけない感じでチョコを渡す仕草をしたあと、すぐに「うそだよ。本当は可愛くて可愛くて仕方ない」と言って吉野さんを抱きしめるという“ツンデレ”ぶりを発揮。「キャー!」という声が上がる中、さらに吉野さんが片寄さんをバックハグすると、割れんばかりの大歓声が巻き起こった。

 この日は、白濱亜嵐さん、佐野玲於さん、関口メンディーさん、川村壱馬さん、藤原樹さん、長谷川慎さん、廣瀬智紀さん、板垣瑞生さん、前田公輝さん、飯島寛騎さん、塩野瑛久さん、勝矢さん、丞威さん、高橋奎仁さん、富園力也さん、福地展成さん、石橋弘毅さんも出席。「本当に貴族や王子になったら何をしたい?」という質問に、白濱さんは、「貴族も王子もお金持ちのイメージがあるから、みんなのために……四国に新幹線を通したい」と愛媛県出身らしい回答をすると、他メンバーから「自分のためだろう!」とツッコミを入れられていた。

 イベントでは貴族チームと王子チームに分かれて三番勝負を実施したほか、サプライズゲストとしてクラブ・テキサスの代表、シニアを演じたDAIGOさんも登場。「(映画に)3分しか出ていないのにスペシャルゲストでいいのか悩んだけど、出ることができてうれしい」と自虐的に話し、会場の笑いを誘っていた。

 締めくくりとして片寄さんが映画の主題歌「Possible」の歌を生披露。藤原さんと長谷川さんが曲に合わせてダンスパフォーマンスし、イベントを盛り上げた。

 「PRINCE OF LEGEND」は、「HiGH&LOW」をプロデュースしたHI-AXチームの“プリンスバトルプロジェクト”で、2018年10月期に連続ドラマ化され、2019年に映画化。今作はその続編で、ホストクラブ「クラブ・ノーブル」の代表となった安藤シンタロウ(白濱さん)が、名をドリーと改め“貴族”として、すべての人が笑って暮らせる世界を作ることを決意。聖ブリリアント学園を知ったドリーは、「三代目伝説の王子」となった朱雀奏(片寄さん)と出会い……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る