恋はつづくよどこまでも:第6話 “七瀬”上白石萌音に恋の宿敵登場!? “天堂”佐藤健、大阪へ出張

テレビ
女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」の第6話の1シーン(C)TBS

 女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が、2月18日に放送される。

 循環器内科のナースステーションで、佐倉七瀬(上白石さん)の予定を空けてほしいと頼んだ天堂浬(佐藤さん)は、理由を尋ねられると「一緒にメシ食います」「俺の彼女だから」と公言。七瀬や来生晃一(毎熊克哉さん)、同僚たちも驚き、歓喜に沸くが、そこへ現れたのは、天堂の亡くなった恋人・若林みのり(蓮佛美沙子さん)にうり二つの若林みおり(蓮佛さん、二役)だった。天堂と来生は、突然現れたみのりにそっくりなみおりに言葉を失う。

 そんな中、天堂が七瀬と合わせた休暇の日に、急きょ天堂へ大阪でのセミナーの登壇依頼が来てしまう。さらに、そのセミナーには、みおりも参加すると聞き、2人の動向が気になる七瀬は天堂の後をつけ、大阪へついていくことを思いつく。

 一方、循環器内科では酒井結華(吉川愛さん)が患者・和田の対応に追われていた。元看護師である和田に厳しい自分の母を重ね、苦手意識を感じる結華だが、突然、和田の容体が急変し……。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースに。念願かなって5年越しに再会した天堂浬は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描く医療ドラマ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る