佐藤健:「恋つづ」は“胸キュン”のミッション “超ドS”天堂役「楽しかった」

テレビ
「東京ドラマアウォード2020」の授賞式に出席した佐藤健さん

 俳優の佐藤健さんが10月29日、東京都内で行われた「東京ドラマアウォード2020」の授賞式に出席。今年1月期に放送された連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」(TBS系)で助演男優賞を受賞した佐藤さんは、撮影について「エネルギーも入りますし、世の女性たちを胸キュンさせるというミッションを課せられたのですが、女心が分かるかというと難しかった。プロデューサーの方たちにシーンごとに意見を聞きながらやらせていただきました」と振り返った。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした七瀬(上白石萌音さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。念願かなって5年越しに再会した天堂(佐藤さん)は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描いた。

 授賞式で司会を務めた石坂浩二さんから、七瀬役の上白石さんの「思いを受けて演じるのは難しかった?」と質問された佐藤さんは「彼女を見ていると、魅力的な女性だな、可愛いなと自然と思うことができたので、芝居はやりやすかったです。普段言えないことを芝居を通してやらせていただくという意味で楽しかったです」と答えていた。

 東京ドラマアウォード」は、「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトに、優れたテレビドラマを表彰する賞で、今年で13回目。2019年7月~2020年6月に放送されたドラマが対象。佐藤さんの助演男優賞のほか、作品賞「連続ドラマ部門」の優秀賞、4人組バンド「Official髭男dism(ヒゲダン)」が歌う主題歌「I LOVE…」が主題歌賞に選ばれ、3冠を達成した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る