坂口健太郎:うそ発見器でまさかのネタバレ? 大きく揺れる波形に動揺 映画「仮面病棟」プレミア

映画
イベントに登場した坂口健太郎さん

 俳優の坂口健太郎さんが2月17日、東京都内で行われた主演映画「仮面病棟」(木村ひさし監督、3月6日公開)のジャパンプレミアイベントに、永野芽郁さんらと登場した。うそ発見器を使ったコーナーで、永野さんから「仮面病棟のピエロは私である」と質問された坂口さんは、「いいえ」と答えるもスクリーンに映し出された波形が大きく振動。“うそ”と診断されてしまった坂口さんは、「ちょっと振れ幅が尋常じゃないですね。こんなになるとは……」と動揺するも、司会からドッキリと明かされ、「なんだあ……! 本当になんでだろうと思った。びっくりした。本当に汗かきました」と胸をなで下ろしていた。

 「ピエロ、僕だったっけ?と思いました」とちゃめっ気たっぷりに話した坂口さんは、今作の撮影を、「病院をお借りして密室の中で撮っていて、精神的にきつい部分もあった」と振り返り、「大変じゃない作品はないのですが、今回はすごく後半にかけてどんどん振り絞って演じていた。自分がこんなに頑張った甲斐があったんだなというのは見てすぐ思いました」と完成度に自信をのぞかせた。

 この日は、内田理央さん、大谷亮平さん、高嶋政伸さん、木村監督も出席。出演者として台本を読み結末を知っているが、完成した映画を見て「だまされた」と内田さん。「人間が信用できないっていうか、(登場人物の)全員が怪しく見えるので、人間は信用できないなと思いながら見た。全部知っているはずなのにまったく分からない。(観客の)皆さんはもっと翻弄(ほんろう)されると思います」と話し、今では「人間不信になってます!」と明かし、周囲の笑いを誘っていた。

 映画は、知念実希人さんの同名小説(実業之日本社)が原作。ピエロ面の凶悪犯が、身元不明の入院患者64人と職員らを鉄格子で閉ざされた旧病院に監禁する。事件当日、1日限りのアルバイトをしていた当直医の速水は、犯人から、自らが撃った女子大生の瞳(永野さん)を治療するよう要求される。速水は命を救った瞳と病院から脱出を試みるが……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る