仮面ライダーゼロワン:滅亡迅雷.net「亡」初登場 スピンオフのストーリー&予告編公開

アニメ テレビ
「仮面ライダーゼロワン」の「プロジェクト・サウザー」に登場する「亡」役の中山咲月さん(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の「Blu-ray COLLECTION」シリーズに収録されるスピンオフオリジナルドラマ「プロジェクト・サウザー」にハッキング集団「滅亡迅雷.net」の「亡(なき)」が登場することが3月1日、明らかになった。亡は、モデルで女優の中山咲月さんが演じる。ストーリー、予告編、場面写真も公開された。

 「仮面ライダーゼロワン」は、元号が平成から令和に変わって1作目となる仮面ライダーで、テーマは「AI=人工知能」。ヒューマギア(人工知能搭載型ロボ)が実用化された世界を舞台に、AI企業「飛電インテリジェンス」の青年社長・飛電或人(仮面ライダーゼロワン)が、人工知能技術を巡る戦いに身を投じていく姿が描かれている。

亡を演じる中山さんは1998年生まれの21歳。13歳でモデルデビューし、ファッショ
ン誌を中心としたモデル業のほか、女優としてTBS系のドラマ「中学聖日記」などに出演。“ジェンダーレス女子”として注目されている。

 「プロジェクト・サウザー」は、桜木那智さん演じる仮面ライダーサウザーの誕生を描き、本編の刃唯阿(井桁弘恵さん)と滅(砂川脩弥さん)も登場する。「滅亡迅雷.net」の滅、迅、雷は本編に登場しているが、亡の登場は初めて。

 ストーリーは、ZAIA エンタープライズジャパン社長の垓は、最強のライダーシステム「仮面ライダーサウザー」を完成させるための計画を実行に移す。垓は「滅亡迅雷.net」の亡にゼツメライズキーの戦闘データを集めるよう指示。作戦を進めていく中、「ヒューマギアは人間の道具にすぎない」と言い切る垓に対して、 同じヒューマギアとして「人類滅亡」をもくろむ滅。2人の間で亡は何を思うのか。そして垓が進める作戦とは……。

 全2話で「仮面ライダーゼロワン Blu-ray COLLECTION」シリーズの第1~3巻に映像特典として収録。第3巻にはメーキングが収録される。「仮面ライダーゼロワン Blu-ray COLLECTION」シリーズ第1巻は4月8日発売で価格は2万4000円(税抜き)。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る