エール:次期朝ドラにミュージカルスター続々 柿澤勇人、井上希美、小南満佑子が朝ドラ初出演

テレビ
次期朝ドラ「エール」に出演が決まった柿澤勇人さん (C)NHK

 俳優の窪田正孝さん主演で、3月30日にスタートする2020年度前期の連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」に、ミュージカルを中心に活躍する俳優の柿澤勇人さん、女優の井上希美さん、小南満佑子さんが出演することが3月19日、明らかになった。同日、ドラマの公式ホームページで発表された。柿澤さん、井上さん、小南さんが朝ドラに出演するのは今回が初。

 柿澤さんは藤山一郎さんがモデルのコロンブスレコードの歌手・山藤太郎、井上さんは裕一(窪田さん)作曲の「船頭可愛や」を歌う芸者で歌手の藤丸、小南さんは音(二階堂ふみさん)の良きライバルとなる東京帝国音楽学校の声楽科の生徒・夏目千鶴子を演じる。

 制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサーは、「今回発表する出演者の皆さんは、とにかく歌がうまい! 東京に出てきた裕一と音が出会う、一流の音楽の才能を持った人です」といい、「音楽を志すもの同士として仲間になり、良きライバルとなっていきますが、皆、一筋縄ではいかない個性的な面々。裕一と音の人生に大きな影響を与えていきます」と説明する。

 「お芝居はもとより歌が得意な俳優のそろい踏み」と表現しており、「皆さん、ミュージカルの第一線で活躍されている俳優たちですが、他にも『エール』には、山崎育三郎さん、吉原光夫さん、古川雄大さんと、ミュージカル界からたくさんのキャストに参加していただいています。実は、古山裕一のモデルとなった古関裕而さんは、日本での本格的なミュージカルの黎明期に、数多くの舞台の音楽監督を務め、日本のミュージカル発展に大きく貢献しました。そんな日本ミュージカルのDNAを引き継いだ俳優の皆さんが加わって、『エール』はどんどん豪華に、ますます面白く盛り上がっていきます。どうぞ、お楽しみに!」と視聴者に呼びかけている。

 「エール」の主人公は、福島県の作曲家・古関裕而(ゆうじ)さんがモデル。古関さんは全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手がけたことでも知られる。ドラマは昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家、裕一(窪田さん)とその妻・音(二階堂さん)の物語となる。

 ◇井上希美さんのコメント

 はじめまして、井上希美です。私が演じさせていただく藤丸にとって、音楽は救いであり、生き甲斐であり、苦しみでもあります。ですが、どんな時でも前向きに、自分らしく生きている藤丸から、私は日々の彩りと生きる力をもらっています。「エール」と藤丸に私を導いてくださったみなさま、ありがとうございます! ちょっと、いや、随分と「個性的」な役ですが、ひたむきに、精いっぱい藤丸を生きてまいりますので、どうぞ、温かく見守っていただけたら幸いです。

 ◇柿澤勇人さんのコメント

 今回、朝ドラ「エール」に参加させていただくこと、とてもうれしいです。僕が演じる山藤太郎役は藤山一郎さんがモデルとなる人物。昭和の偉大な名歌手です。まさか自分がそのような偉大な方を演じるとは思ってもなく驚きました。「丘を越えて」「長崎の鐘」を歌うにあたり、撮影に入るまでに何度も藤山さんの歌唱や発声を勉強して現場に臨みました。窪田さんとは数年ぶりの共演ですが、窪田さんがいるだけで現場の雰囲気が温かく、和やかになるのがとても印象的でした。古山裕一に少しでも良い影響を及ぼせるよう、そして作品に貢献できるよう、努めたいと思います。

 ◇小南満佑子さんのコメント

 この度初のドラマ出演で憧れの連続テレビ小説に出演させていただき大変光栄です。私自身、10歳から声楽を学び世界を目指して勉強してきましたので、この役に運命を感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。最初はツンとした千鶴子ですが、音さんとの出会いによりたくさんの刺激を受け次第に歌手として、人としても成長していきます。劇中では、いくつかオペラアリアも歌います。2020年の日本の朝に音楽の力でたくさんの方へエールを送らせていただければと願っています。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る