NHK:大河ドラマ「麒麟がくる」 朝ドラ「エール」収録を一時休止

テレビ

 NHKは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大河ドラマ「麒麟がくる」と連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」の収録を4月12日まで見合わせることを4月1日、発表した。
出演者やスタッフの安全を配慮しての措置で、4月12日以降は状況を見ながら判断していくという。

 ドラマの収録では、これまでも感染予防対策を徹底してきたというが「大河ドラマと連続テレビ小説は、出演者とスタッフの数が多く、演出上、安全対策にも一定の限界があると判断した」と説明。

 現時点で、両ドラマ番組の関係者に、感染の疑いがある人は出ていないといい、今回の措置は、あくまでもNHKの自主的な判断により、感染予防を最優先に収録の一時休止を決めたという。今後の放送予定については、番組表や番組の公式サイトなどで発表する。

 そのほかのドラマ番組については、収録場所や内容など、個別の状況を総合的に勘案して、収録の継続を判断していくという。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る