キネマの神様:志村けんさん主演予定だった映画が撮影見合わせ

映画

 新型コロナウイルス感染のため3月29日夜に死去したタレント・志村けんさんが主演を務める予定だった映画「キネマの神様」(山田洋次監督)が、2週間ほど、撮影を見合わせることが4月3日、分かった。

 映画は、主人公の男・ゴウの現代パートを志村さん、若き日のゴウをダブル主演の菅田将暉さんが演じる予定だったが、当時闘病中だった志村さんの出演辞退が、3月26日に発表された。

 若き日のゴウのパートの撮影は、3月末で終了。4月上旬よりゴウの現代パートを撮影する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、4月4日から撮影を見合わせる。再開のスケジュールは、状況を見ながら判断する。また、新たな出演者については、現在調整中だという。

 松竹の大角正常務取締役映像本部長は「志村けんさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。悲しみをこらえ、映画を完成させることこそが、志村さんに喜んでもらえることなんだ、という強い思いを抱きながら、山田組一同、4月上旬からの撮影の準備を進めておりましたが、山田監督、キャスト、スタッフへの感染拡大防止の観点から、撮影を見合わせることにいたしました。一日も早く新型コロナウイルスが終息することを願っております」とコメントしている。

 映画は、1920年に松竹の前身となる松竹キネマ合名社が設立され、今年で100周年を迎えることを記念して製作。同年は、数々の名作を製作した映画スタジオの蒲田撮影所が開所した年でもある。原作は人気小説家の原田マハさんが自身の家族、経験を基に書き上げた「キネマの神様」(文春文庫)で、松竹らしく“家族”をテーマに描く。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る