小原好美:「かぐや様」の“爆弾娘”藤原千花 ラップ、下ネタ、話題のED振り返る 第2期もブレずに

アニメ
「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」で藤原千花の声優を務める小原好美さん

 テレビアニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の第2期「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」がMBS、TOKYO MX、BS11ほかで4月11日から順次、放送される。原作は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の人気ラブコメディーマンガ。会話劇が魅力の一つの作品で、会話を引っかき回し、とんでもない行動で翻弄(ほんろう)するのが生徒会書記の藤原千花だ。第1期でも“爆弾娘”千花の活躍が話題になったが、第2期では……千花の声優を務める小原好美さんに、第1期を振り返っていただきつつ、第2期の千花の活躍について聞いた。

 ◇可愛いを軸に怖さも

 原作者は赤坂アカさん。秀才の集う秀知院学園を舞台に、プライドが高く「自分から告白したら負け」と互いに考えている生徒会副会長の四宮かぐやと生徒会長の白銀御行が、いかにして相手に告白させるかに知略を巡らせる姿を描いている。テレビアニメ第1期は2019年1~3月に放送。人気グループ「King & Prince」の平野紫耀さんや女優の橋本環奈さんが出演する実写映画も公開された。

 小原さんは「かぐや様」の出演が決まった当時を「プレッシャーがありました」と振り返る。プレッシャーをはねのけたきっかけは、赤坂さんのある言葉だった。

 「人気作ですし、素晴らしい作品なので、そのハードルを越えられるのか? とプレッシャーがあったんです。第1話のアフレコで、赤坂先生に『自由に演じてください』とおっしゃっていただき、自由は怖くもあるけど、期待に応えたい! という気持ちに切り替わりました。気合が入りましたし、いい意味で緊張しなくなったんです」

 小原さんが演じる千花は“ゆるふわ”な雰囲気の高校2年生。かぐや、白銀の頭脳戦を引っかき回す。

 「アフレコでは、いい意味でいろいろなことを無視して駆け抜けていったようなところもありました。役者同士の空気感がすごく良くて、演じやすい環境でした。私はアドリブでよく変な声を出していました。千花は可愛いけど、ただ可愛いだけではなく、爆弾を持ったキャラクターです。不思議なワードも飛び出します。可愛いまま演じたら、違うんだろうな? と感じていました。可愛いという軸を守りつつも、彼女がやったら何か怖いな……と感じるようなお芝居を意識していました」

 「かぐや様」は、会話劇が魅力だ。声優陣が熱演を繰り広げるアフレコは「毎回、勝負のよう」だという。

 「事前に家でタイミングなどを練習しますが、お芝居は生ものなので、現場の掛け合いで変わることがあります。こうくるのかな? と思っていたら、全然違うことがありますし、毎回、勝負のようでした。『かぐや様』は、キャラクターが会話の中で駆け引きをして、頭脳戦を繰り広げますが、演技も駆け引きが重要です。皆さんがすごいので、ひるんじゃだめだ! という気持ちでした。みんな仲がいいので、変な緊張感はありませんでしたが」

 ◇ラップ、下ネタ、「チカっとチカ千花っ」

 小原さんが第1期で特に苦労したのが“ラップ回”とも言われた第4話だった。

 「大変だったんですよ! 原作を読んで、ラップが一つの壁になると感じていたのですが、実際にやってみると、映像のラップをしている動きに合わせて、何秒でこのせりふを言って、会長がこう言って……と家で6時間くらい練習しました。うまくラップをしようとするのではなく、突き抜けることが正解なのかな? とも思っていました。音響監督に『緊張するよりも、楽しそうにやれば大丈夫!』と言っていただき、もういいや! となってできたんです」

 IQ3、人の姿をした家畜、おぞましい生き物……。これらは全て、かぐやのモノローグで出てきた千花の蔑称だ。千花は劇中でひどい扱いを受けることもある。とんでもない下ネタを言うこともある。

 「第7話がすごかったです……。私はプライベートでこんなことは言いません! 役者としてこういう演技ができるのは貴重な機会ですし、うれしかったです。スタッフの方には『すみません!』と言われたり、気を使わせたりしてしまいました……(笑い)。第1期が終わって、監督がそれぞれのキャストに言葉をかけてくれたのですが、私にだけ『ひどいこと言わせてすみませんでした』という言葉でした(笑い)」

 千花と言えば第3話のエンディングも話題になった。小原さんが歌う千花のキャラクターソング「チカっとチカ千花っ(ハート)」に合わせて、千花がダンスをするエンディングで、放送後、YouTubeに公開され、1500万回再生を突破するなど人気を集めた。

 「第1話の収録の時に、このお話があって、どんな感じなんだろう? と思っていました。映像を見て、これはとんでもないぞ! と気合が入りました。映像、音楽が素晴らしいので、歌の収録の時は緊張しましたが、スタッフの方が歌いやすいように寄り添ってくださいました。第4話の“ラップ回”収録前後のレコーディングだったので、何でもできる!という気持ちになり、ポーンと歌えたのかもしれません」

 ◇第2期の変化は「ないです!」

 「かぐや様」は、テレビアニメ第1期の好評を受けて、第2期が制作されることになった。

 「第1期を必死に駆け抜け、みんなで120%の力を出したことが結果に結び付きました。うれしいです。たくさんの方から第2期への期待の声をいただき、身の引き締まる思いでした。ただ、あまり気負わず、楽しみ! という気持ちは一番にありました」

 第2期は、かぐやと白銀の関係にも変化が現れるほか、新キャラクターも登場する。さまざまな変化がある中、小原さんに千花の変化を聞いてみると「ないです!」と即答する。

 「新しいキャラクターも出てきますし、石上(優)君に寄り添ったストーリーも描かれます。かぐやさんと会長のキュンキュンした展開も盛り込まれます。千花も変化するのかな? と思っていたら……、変わりませんでした! みんなが変わっても千花は変わらない。それってすごいことです。変わらない素晴らしさを感じました。千花ちゃん、またそんなすごいことをしちゃうの……と。全然おとなしくなりません。恐ろしい子です……」

 第2期の見どころを「(伊井野)ミコちゃんがストーリーに関わって、いろいろ巻き込まれます。千花は、ミコちゃんを振り回します! ミコちゃんファンの方、千花を嫌いにならないでください!」と話す小原さん。第2期もブレない千花の活躍が期待できそうだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る