美食探偵 明智五郎:「特別編」で“茜”志田未来の悲しい過去描く 殺人に手を染めるに至ったもう一つの理由とは…

テレビ
連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」特別編の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の中村倫也さん主演の連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の「特別編」第1弾が5月24日に放送される。本編では描かれなかった“林檎”こと古川茜(志田未来さん)が“カップル毒殺事件”を引き起こしたもう一つの理由である悲しい生い立ちに迫る「林檎の少女時代編」が描かれる。

 ドラマは、「海月姫」「東京タラレバ娘」「偽装不倫」などで知られる東村アキコさんのマンガ「美食探偵-明智五郎-」(集英社)が原作。中村さん演じる探偵・明智五郎が類いまれなグルメの知識を使って、殺人鬼へ変貌した主婦マリア(小池栄子さん)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 志田さん演じる茜は、りんご農家の純朴な一人娘。大学進学で上京した彼氏の浮気に悩み、インターネットで相談したところ、マリアに目を付けられ浮気相手の殺人を依頼することになった。

 第2話のクライマックスでは、“茜”という自分の名前がついたリンゴで作ったジャムで恋人が命を落とした運命の悪戯(いたずら)に、「愛していたから殺した」と語る茜。しかし、傷がついてもおいしさの変わらないリンゴに、孫と同じ名前をつけた祖父(渡辺哲さん)の思いを知り、涙を流す……というシーンが登場。その志田さんの芝居に、SNSでは「志田未来ちゃんの演技はほんとに引き込まれる」「志田未来迫真の演技に涙」「志田未来ちゃんの演技にボロ泣きする2話でした」と反響があった。

 「特別編」では、純朴だった茜が、なぜ恋人の浮気相手を殺すほど強い憎しみを抱いてしまったのかを描く。父親を知らずに育った幼い茜に、孤独な母(内田慈さん)は、傷ついたリンゴでいつもおいしいジャムを作ってくれていた。そんな母は幼い茜の顔を見て、よく泣いていた。それは、茜の顔が自分を捨てた男、茜の父親によく似ていたからだった。母は、自分を捨てた茜の父親に対する思いから、愛するに娘にある仕打ちをする……。

 第1弾は、明智(中村さん)が美食家になったきっかけである祖父・明智五十六(坂本あきらさん)とのエピソードを描いた「明智の少年時代編」と「林檎の少女時代編」の2本立てとなる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る