BG~身辺警護人~:「傑作選」第8話 “章”木村拓哉が狙われる… “村田”上川隆也の汚名そそげるか?

テレビ
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」シーズン1第8話の場面写真=テレビ朝日提供

 2018年1月期に放送された木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)「傑作選」第8話が、6月4日午後9時から放送される。レストランでの発砲事件に巻き込まれ、身辺警護課の課長・村田五郎(上川隆也さん)が撃たれた。しかし世間は身辺警護課に冷ややかな目を向ける……。

 第8話は、村田が撃たれた発砲事件に、「出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をして撃たれた」という世論が巻き起こる。現場にいた厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子さん)たちは、保身のため真実を語ろうとしない。村田の汚名をそそぎたい章たち身辺警護課のメンバーだったが、警察すら真実を明かしてくれない現状になすすべもなかった。これまで通りの業務を続けようとする章だったが、同僚の高梨雅也(斎藤工さん)は「泣き寝入りするのか」と反発。さらに沢口正太郎(間宮祥太朗さん)が「ボディーガードを辞めさせてほしい」と言い出す。そんな中、愛子がSPの落合義明(江口洋介さん)と共に日ノ出警備保障を訪ねてくる……という展開。

 「BG~身辺警護人~」は、木村さん演じる民間ボディーガードの島崎章が、武器を持たずに警護対象者を徹底的に守り抜く姿を描く。

 新シリーズでは、章が組織を飛び出し、私設ボディーガードとして奮闘する姿が描かれる。放送スタートの見通しが立つまで順次、前シリーズの「傑作選」を放送する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る