注目ドラマ紹介:「探偵・由利麟太郎」 “白髪の天才”吉川晃司&“助手”志尊淳が奇怪な難事件解決! 田辺誠一、豪華ゲストも

テレビ
5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第1話のワンシーン=カンテレ提供

 歌手で俳優の吉川晃司さんが地上波連続ドラマ初主演を飾る5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が、6月16日午後9時からスタートする。ドラマは金田一耕助シリーズなどで知られる横溝正史の長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズが原作で、初めて連続ドラマ化される。京都を舞台に、元警視庁捜査1課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎(吉川さん)が、ミステリー作家志望の助手・三津木俊助(志尊淳さん)とともに、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。田辺誠一さん、どんぐりさん、「TKO」の木本武宏さんらも出演する。

 由利は、殺人者の行動、心理を分析する犯罪心理学者として活躍する一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査も手伝っている探偵。洞察力と論理的思考は天才的。捜査方法は「ひたすらに事件現場を観察し続けること」で、学生時代に米国で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき捜査する。弓道の心得もあり、弓を構え、的を見据えることで精神を集中させ、それが難事件解決の一助になっている。

 由利の助手の三津木は、ミステリー小説の作家志望だが、由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するウェブサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れている。事件現場でも、助手として由利と共に行動し、次々と起こる怪事件を推理、ふいに事件の核心に触れたりする。由利と三津木のコンビは、物静かな「静」の由利に対して、よくしゃべる「動」の三津木という間柄となっている。

 田辺さんは旧友の由利に事件の捜査を依頼する京都府警の等々力警部、どんぐりさんは由利に一方的に好意を抱く骨董(こっとう)品屋の波田聡美、木本さんは三津木を担当している編集者の山岸克平を演じる。

 第1話に新川優愛さんと長田成哉さん、第2話に水上京香さんと赤楚衛二さん、第3話に村川絵梨さんと浅利陽介さん、第4、5話に高岡早紀さん、大鶴義丹さん、鈴木一真さん、吉谷彩子さん、佐野岳さん、板尾創路さん、水沢林太郎さんが、それぞれゲスト出演する。 

 第1話は「花髑髏(どくろ)」。ある日、由利は殺人を予告する“挑戦状”を受け取る。三津木とともに指定された場所に向かうと、全身を縛られ、血を流した状態で冷凍庫に閉じ込められていた日下瑠璃子(新川さん)を発見。瑠璃子は一命を取り留めたが、瑠璃子の養父で遺伝子研究者の日下瑛造(中村育二さん)は自身の研究室で何者かに殺害されていた。由利は、遺体の傍らに置かれた血で真っ赤に染まった頭蓋骨(ずがいこつ)が気になり……というストーリー。瑠璃子を女性として愛する血のつながらない兄・瑛一(長田さん)も登場し、複雑な家族関係が描かれる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る