エール:“藤堂先生”森山直太朗 「故郷」(独唱)に聴きほれる視聴者続出!?

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」第62回の一場面 藤堂先生を演じる森山直太朗さん(左) (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第62回が6月23日に放送され、主人公・裕一(窪田さん)の恩師の藤堂先生を演じる森山直太朗さんが、「うさぎおひしかのやま~」の歌詞で知られる唱歌「故郷(ふるさと)」を披露し、ファンを喜ばせた。

 第62回は、久志(山崎育三郎さん)がなぜ歌の道に進むことになったのか、そのきっかけについての物語。学校ではクールに振る舞う10歳の久志(山口太幹さん)だったが、家では父の再婚で新しくやってきた母・玲子(黒川芽衣さん)になじむことができず、葛藤を抱えていた。担任の藤堂先生は、ある日、クラスの生徒で歌っていると、久志の歌の才能に気づいて、学芸会でその歌声を披露することを勧める……という展開だった。

 森山さんの「故郷」の“独唱”について、SNSでは「森山直太朗先生の『故郷』が聴けてうれしかった」「朝から森山直太朗くんの『故郷』が聴けたので今日は何か良いことがありそうです」「森山直太朗さんの歌い方と声は故郷に合う」「森山直太朗さんの『故郷』聴けただけで今朝は満足。さすがすぎた」「森山直太朗の『故郷』に震えた朝」「藤堂先生の『故郷』は感動!」などの声が上がるなど、短い時間ながら視聴者を引き込んだ様子だった。

 また、終盤には久志役の山崎さんも「故郷」(独唱)を披露。「藤堂先生からあふれでる森山直太朗様。山崎育三郎様の『故郷』。朝から良いもの聴かせていただきました」「森山直太朗さんと山崎育三郎さんの「故郷」心にしみました」「森山さんと山崎さんの『故郷』を朝から聴けるなんて、なんてぜいたくなんでしょうね」「育三郎さんと、森山直太朗さんのもありました」といった感想も多かった。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音(二階堂ふみさん)の、音楽と共に生きる夫婦の物語。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る