M 愛すべき人がいて:最終回も“礼香”田中みな実から目が離せない “名言”「許さなーーーーい」「メモリーオブマサ」、シンバル連打など話題に

テレビ
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」最終回の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA

 歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)の最終回が、7月4日に放送される。個性的なキャラクターが多く登場する本作で、特に視聴者の注目を集めたのは、田中みな実さん演じる眼帯の秘書・姫野礼香だろう。異質な存在感を放ち、主役を食った感もある礼香の奇行を振り返る。

 原作は、歌姫・浜崎あゆみ誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描いた小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)。脚本は鈴木おさむさんが手がけた。主題歌は浜崎さんの「M」。

 田中さん演じる礼香は、ドラマのオリジナルキャラクター。レコード会社「A VICTORY」のプロデューサー・マサ(三浦さん)の秘書で、決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女。愛するマサがアユ(安斉さん)に肩入れすることに激しく嫉妬し、狂気すら感じる姑息な手段でアユへの嫌がらせを繰り返す姿が、SNSを中心に話題となっている。

 初回では、アユの才能に気がついたマサが、アユと頻繁に連絡を取るようになる。アユに嫉妬した礼香は、すでに芸能事務所に所属していたアユが、マサと会うことを危惧し、2人が会食する予定だったレストランに現れると、マサに「アユさんは来ませーーーん」とホラーチックに言い放つなど、強烈なインパクトを与えた。

 第3話では“名言”も誕生した。アユに対して眼帯の下の目を見せて「この目はね、あの人に奪われたの」と秘密を明かし、「私の大切なものを奪ったら……許さなーーーーい」と、ギラギラと狂気をはらんだ目つきで叫ぶ、“昼ドラ”のような展開に。なお、語尾を伸ばしている合間に、提供クレジットが入ったことで、SNSでは「この提供の入り方で笑わない人いないでしょ」と笑いが起こった。

 また同話で、礼香がお手製のアルバム「メモリーオブマサ」を見せながらマサに結婚を迫るシーンも話題になった。そこにはマサの写真が多数貼り付けられており、礼香が「じゃーん、メモリーオブマサ。マサ、マサ、マサ、マサ、マサ、マサ、マサ……」とページをめくっていき、マサを凍りつかせた。

 なお番組開始当初から、礼香がつけている眼帯が、福岡県の銘菓「博多通りもん」に似ていると話題になっていたが、ついに第4話では「博多通りもん」がスポンサーに加わり、CMが放送される事態に。「博多通りもん」を販売する明月堂によると、CMの全国放送は今回が初めてだという。

 5話では、大胆なシーンにも挑戦した。白濱亜嵐さん演じる流川翔による“恐怖のキスシーン”を連発。カッと目を見開いてキスする流川と礼香の様子に「いやキスするときの顔じゃない」「ホラー映画みたい」といった反応があった。

 続く第6話では、愛を育むアユとマサへの嫉妬に狂った礼香は、2人の愛の巣に不法侵入。マサから「アユになんかしたら、俺はお前を絶対に許さない」と言われると、「許さな~いVS許さな~い……。どっちの“許さない”が勝つのかなぁーーーー!?」と、怒りでシンバルを連打しながら絶叫するシーンがあり、SNSを騒然とさせた。

 なお最終回では、アユとマサが徐々に離れていく様子が描かれる。礼香は、マサがいない方がアユは絶望的で“塩味の効いた”歌詞を書く、悲しみを知った女の歌詞は大人の女性にも響く、という事実をマサに突きつけ、これ見よがしにアユの塩焼きにかぶりつくシーンがあるという。

 このように、昼ドラ街道まっしぐらな“みな実劇場”が注目を集めている中、礼香が主人公のスピンオフドラマ「L 礼香の真実」が、6月27日からABEMAで配信がスタート。田中さんは本作で初主演を果たした。2019年2月から放送された連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系)での本格女優デビューからわずか1年半足らずで、主演の座を射止めたということは、女優としてどれだけブレークしたかを物語っているといえるだろう。最終回も礼香の奇行ぶりに目が離せない。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る