乃木坂46掛橋沙耶香:岡山出身の4期生がCM単独初出演 衣装脱ぎ捨てボクサーに 鋭いパンチ連発!

CM 芸能 アイドル
「乃木坂46」の掛橋沙耶香さんが出演したSUENAGAグループのCM「ジブンに挑戦する人」編のカット

 アイドルグループ「乃木坂46」4期生の掛橋沙耶香さんが、岡山県を中心に事業を展開するSUENAGAグループのイメージキャラクターに起用され、出演する新CM「ジブンに挑戦する人」編が7月7日、公開された。掛橋さんは岡山県出身で、単独でCMに出演するのは初めて。新CMでは、清楚(せいそ)な雰囲気のワンピースを着た掛橋さんが登場。歩きながら次々と服を脱ぎ捨て、ボクサー姿になり、サンドバッグに鋭いパンチを繰り出す姿が収められている。新CMは7月10日から岡山県、香川県で放送。

 掛橋さんは2002年生まれ、岡山県出身の17歳。CMのコンセプトは「ジブンに挑戦する人」で、掛橋さんがサンドバッグに打ち込んだ後、叫び声を上げる姿も収録されている。掛橋さんは空手歴6年といい、「(その時の)気持ちを思い出しながら体をひねったりとかしました」と振り返った。CMの見どころを「やっぱりボクシングなんですけど、“ジブンに挑戦する人”というテーマだったり、今までとは全然違う一面を見せられるように格好よくパンチしました」と話し「体力が無さすぎるのでパンチをする時は手が痛いなと思ったりしました」と明かした。

 地元の岡山県については「空気がめっちゃキレイで、動物とかもめっちゃおるけん、都会に疲れたら、来てみんしゃい!」と岡山弁でアピールした。

CM 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る