Dr.コトー診療所2004:吉岡秀隆主演ヒューマンドラマ・特別編最終夜 “彩佳”柴咲コウの母が神戸 剛洋は東京へ

テレビ
ドラマ「Dr.コトー診療所2004」のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の吉岡秀隆さん主演で2004年11月にフジテレビ系で放送されたドラマ「Dr.コトー診療所2004」再編集特別編の最終第4夜が7月9日午後10時から放送される。

 彩佳(柴咲コウさん)と正一(小林薫さん)は、後遺症の残る昌代(朝加真由美さん)を、神戸の病院へ転院させることを決意した。コトー(吉岡さん)は、「役場を辞めて昌代と共に神戸に行く」と正一に告げられる。

 剛洋(富岡涼さん)は2学期から東京の小学校へ転校することに。剛洋のために、同級生たちはあることを計画。別れの日、愛する息子を東京へ送り出す父・剛利(時任三郎さん)は……。

 原作は山田貴敏さんの同名マンガ。美しい自然に囲まれた架空の島、志木那島(しきなじま)を舞台に、「コトー」の愛称で親しまれる医師・五島健助(ごとう・けんすけ、吉岡さん)と島に生きる人々の交流を描いたヒューマンドラマ。2003年に連続ドラマ第1期、2006年に第2期が放送された人気シリーズ。特別編は全4回放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る