ギルティ~この恋は罪ですか?~:第7話 “瑠衣の母”矢田亜希子が登場 “寺嶋”神尾楓珠は“一真”小池徹平に究極の選択を迫る…

ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の第7話のワンシーン (C)ytv
1 / 3
ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の第7話のワンシーン (C)ytv

 女優の新川優愛さん主演の連続ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第7話が7月16日に放送される。今回から女優の矢田亜希子さんが、中村ゆりかさん演じる瑠衣の母親・及川明奈役で特別出演。予告映像では、親子関係を物語るような幼少期の瑠衣との様子が描かれているほか、小池徹平さん演じる一真に神尾楓珠さん演じる寺嶋が大声で詰め寄る場面などが映し出されている。

 爽(新川さん)は一真から、寺嶋の正体が一真の元妻、弥生(智順さん)の弟・睦月と聞かされる。その矢先、寺嶋から「姉貴が会いたがってる」と電話で告げられた一真は、寺嶋と弥生に会いに行くことに。爽は寺嶋と会うのは危険だと言って止めるが、一真は「自分がまいた種だから」と寺嶋と弥生に向き合う覚悟だった。

 瑠衣(中村さん)は寺嶋と手を組み、お互いの目的を果たそうとしていた。爽は秋山(町田啓太さん)から、瑠衣をそっとしておいてほしいと頼まれていたが、瑠衣と寺嶋を止めなければならないと決意。瑠衣のマンションを訪ね、妻として一真を守ると瑠衣に宣言する。そんな爽に、瑠衣は”守れるもんなら、守ってみれば?”というメッセージを送り付ける。

 一真は寺嶋と弥生に会うため、ある場所へ向かう。そこで一真は衝撃的な事実を知り、寺嶋から「絶対に、お前を許さない!」と迫られる。寺嶋は一真にナイフを突き付け「社会的に死ぬか? 今この場で死ぬか?」と究極の選択を迫り……。

 原作は丘上あいさんのマンガ「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」(講談社)。女性誌編集者としてやりがいのある仕事に恵まれ、優しい夫・一真と理想的な結婚生活を送っていた爽はある時、高校時代に付き合っていた初恋の相手・秋山と再会。やがて周囲の人たちの裏切りが次々と明らかになり、傷付いた爽の中で、かつて支えになってくれた秋山への思いが再燃し……という新感覚“ドロキュン”ラブサスペンス。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る