半沢直樹:あす続編開始 「恩返し」大和田・香川、黒崎・愛之助、“半沢潰し”猿之助、“IT企業社長”松也 歌舞伎俳優が集結 “みえ合戦”に期待

テレビ
7月19日スタートの「半沢直樹」で大和田暁を演じる香川照之さん(C)TBS

 俳優の堺雅人さんの主演ドラマ「半沢直樹」の続編(TBS系、日曜午後9時)が7月19日からスタートする。2013年放送の前シリーズに続き、東京中央銀行の取締役・大和田暁役の香川照之さんと、金融庁検査局主任検査官・黒崎駿一役の片岡愛之助さんが登場。さらに、続編からは東京中央銀行の証券営業部長・伊佐山泰二役で市川猿之助さん、スパイラル社長・瀬名洋介役で尾上松也さんが加わり、一つの作品に4人の歌舞伎俳優が集結した。「半沢直樹」といえば、テレビ画面いっぱいにキャストの顔を映し、キャラクターの激情を伝える演出が有名だ。続編に登場する4人のキャラクターをおさらいしながら、見どころを紹介する。

 ◇買収されるIT企業社長の尾上松也 “半沢潰し”市川猿之助

 「半沢直樹」は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズが原作。前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。バブル期に東京中央銀行に入行した銀行マンの半沢直樹(堺さん)が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。最終回では42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録。同年の「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」では、半沢の名ぜりふ「倍返し」が年間大賞を受賞するなどした大ヒットドラマだ。

 続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を実写化する。東京中央銀行の子会社・東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

 まずは、松也さん演じるスパイラル社長の瀬名から。お金に苦労して育ち、小さなソフト会社に就職した瀬名は、その会社が倒産したのを機に同僚たちと起業。検索システム「スパイラル」の開発で一躍、IT業界を引っ張る企業に成長させた。物語は、東京セントラル証券が、スパイラルの買収計画を立てた大手IT企業「電脳雑伎集団」からアドバイザー契約を申し込まれたところから大きく動き出す。半沢とどのような関係になっていくのか、楽しみなところだが、松也さんがどんな演技で視聴者を楽しませてくれるのかも、注目だ。

 香川さんのいとこでもある猿之助さんは伊佐山を演じる。目標とする大和田の「愛弟子」と、周囲から呼ばれる伊佐山は、大和田を失脚させた半沢に強い恨みを抱いている。執念深い性格で“半沢潰し”をもくろんでいるというキャラクターだ。最新予告映像では、伊佐山が半沢に対して「絶対に許さねえ」と語るナレーションのほか、不気味な笑みを浮かべるシーンなどが収められており、二人がどんな形で攻防を繰り広げるのか、そして、堺さんと猿之助さんがどんな“演技合戦”を見せるのか、期待が高まる。

 ◇“オネエ言葉”黒崎との再戦 原作に登場しない大和田は「恩返し!」

 シリーズを通して、半沢の“因縁の相手”となるのが、愛之助さん扮(ふん)する“オネエ言葉”を発する黒崎だ。「銀行はしょせん金貸し」という考え方で、何かと銀行を目の敵にしている。気に入らない相手を“オネエ言葉”で徹底的に追い詰める。半沢とは西大阪スチール、伊勢島ホテルの案件で深く対立し、その恨みを抱えている。予告映像では「ご愁傷さま」と独特のトーンでイヤミたっぷりに話す姿があり、半沢とどのように対立するのか。そして、半沢があの黒崎に再び“金切り声”を出させることができるのか、ワクワクする。

 最後は、半沢の“宿敵”大和田だ。実は、大和田は原作の「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」に登場していない。前作では、中野渡頭取(北大路欣也さん)の座を狙う常務だったが、続編では、取締役という肩書に。半沢に不正を暴かれた後は、中野渡頭取派へと華麗にくら替えし、銀行に居残っているという設定だ。

 最新予告では、大和田を演じる香川さんが独特の“顔芸”で「やられたらやり返す。施されたら施し返す。恩返しです!」と、言い放つシーンも収められている。続編の“オリジナルキャラ”として、どのように物語を盛り上げるのか、注目だ。再び、半沢の前に立ちはだかり、迫真の演技合戦を見せてくれるのだろうか。

 香川さん、愛之助さん、猿之助さん、松也さんという名実共に人気が高い歌舞伎俳優が集結した今作。本作ならではの画面いっぱいに顔が映し出される演出の中で、画面に収まりきらないような“みえ合戦”が登場するのか。高まる興奮を抑えながら、初回の放送を待ちたい。初回は、19日午後9時から25分拡大版で放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る