半沢直樹:「下町ロケット」「陸王」… 池井戸作品の小ネタに視聴者も興奮 前作キャラのその後も

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」のワンシーン(C)TBS

 初回の平均視聴率22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)をマークし、20%の大台に乗せて好スタートを切った俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)。劇中に原作者の池井戸潤さんの作品「下町ロケット」「陸王」「ノーサイド・ゲーム」に登場する企業名が出たり、前作のキャラクターが登場するなど、“池井戸作品ファン”並びに“半沢直樹ファン”を楽しませる演出が満載で、SNSでは興奮の声が上がった。今回は、そんな小ネタをまとめてみた。

 「半沢直樹」は、池井戸さんの「半沢直樹」シリーズが原作。バブル期に東京中央銀行に入行した銀行マン・半沢直樹(堺さん)が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。連続ドラマとして2013年7月期に放送され、最終回に42.2%という高視聴率を記録。同年の「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」では、半沢の名ぜりふ「倍返し」が年間大賞を受賞した。

 今作は、「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を原作に、2013年に放送された連続ドラマの続編で、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を実写化。東京セントラル証券の営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

 ◇佃製作所、トキワ自動車、青島製作所の株価が表示

 25分拡大で放送された初回では、半沢が出向した東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。大手IT企業「電脳雑伎集団」が、新興IT会社「スパイラル」を買収したいと申し出たのだ。しかし、突如、電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう。数日後、半沢は、東京セントラル証券の親会社・東京中央銀行が電脳雑伎集団と買収案を進めていると知る……という展開だった。

 その後、半沢が営業企画部の三木重行(角田晃広さん)を問い詰めるシーンでは、背後の天井に設置された電光掲示板に、下町ロケットの「佃製作所」、陸王の「ダイワ食品」、ノーサイド・ゲームの「トキワ自動車」、「ルーズヴェルト・ゲーム」の「青島製作所」などの株価が表示された。そのほかにも、下町ロケットの「ヤマタニ」、陸王の「アトランティス」などの株価が表示される画面も登場した。

 これらは池井戸作品に登場した企業だが、「半沢直樹」と同じTBS系の「日曜劇場」(日曜午後9時)枠でドラマ化された作品でもあり、原作ファンのみならず“日曜劇場ファン”も楽しめる演出だった。この小ネタに気付いた視聴者からは「激アツです!」「見付けた瞬間、声出ちゃった」「小ネタだけで充実感」といった声が、SNSに書き込まれ、盛り上がった。

 ◇伊勢島ホテル・湯浅社長、近藤の動向、夏目三久も

 続編には、「半沢直樹」シリーズのおなじみのキャラクターも小ネタとして登場した。特にSNSで盛り上がりを見せたのは、半沢のパソコンに、伊勢島ホテルの社長・湯浅(駿河太郎さん)から「新規ホテル プレオープン【ご招待】」というメールが届いたシーン。半沢と湯浅社長は、前作の“東京編”で伊勢島ホテルの経営再建に奮闘した仲で、視聴者からは「急に湯浅社長の名前が出てきてびっくりした!」「湯浅社長とまだつながってたんだ!」「湯浅社長、また出てきてくれないかな」といった声が上がった。

 また、前作では東京中央銀行のイメージキャラクターとして登場していたフリーアナウンサーの夏目三久さん。今作では、半沢が同期の渡真利忍(とまり・しのぶ、及川光博さん)と電話するシーンで、背後の液晶画面に東京中央銀行グループのイメージキャラクターとして登場した。

 渡真利と並ぶ半沢の同期といえば、近藤直弼(滝藤賢一さん)だ。続編に、滝藤さんの出演は発表されていないが、再登場するのかは視聴者にとって気になるところ。第1話では、渡真利が現在の近藤について「シンガポールに長期の出張中」と説明するシーンがあり、今後、再登場するのか、期待したい。

 「半沢直樹」続編の初回は、26日午後3時半から“完全プレーバック”放送される。ストーリーのおさらいと共に、さまざまなシーンにちりばめられた小ネタを発見してもらいたい。同日午後9時から15分拡大版で放送される第2話は、半沢と部下の森山(賀来賢人さん)が銀行への逆襲を開始する……。今後も、「倍返しだ!」「恩返しです!」といった名言のほかに、どんな小ネタが登場するのかにも、注目したい。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る