小西詠斗:本番中は頭フル回転「とにかく今はお芝居を勉強したい」 「サクセス荘2」新住人ケニー役で奮闘

「テレビ演劇 サクセス荘2」に出演している小西詠斗さん (C)「テレビ演劇 サクセス荘2」製作委員会 スタイリング:本多由佳(M)/メーク:有村美咲
1 / 13
「テレビ演劇 サクセス荘2」に出演している小西詠斗さん (C)「テレビ演劇 サクセス荘2」製作委員会 スタイリング:本多由佳(M)/メーク:有村美咲

 2.5次元舞台などで活躍する俳優が集結したテレビ東京の「木ドラ25『テレビ演劇 サクセス荘2』」に出演中の小西詠斗さん。日本一のイケメン高校生を決めるコンテスト「男子高生ミスターコン」出身の20歳で、「サクセス荘」の新たな住人の一人、ケニーを演じている。「リハは一度だけ」「本番一発勝負」という「テレビ演劇」の世界で奮闘し、「とにかく今はお芝居を勉強したい」と意気込む、期待の若手俳優に話を聞いた。

 「テレビ演劇 サクセス荘」は、2.5次元舞台を手がけるネルケプランニングと、連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の脚本を担当した徳尾浩司さんがタッグを組み、「リハは一度だけ」「本番一発勝負」で制作された新しいドラマとして、2019年に1期が放送された。

 7月9日にスタートした2期でも、前作同様、都会の片隅にひっそりとたたずむ一軒のアパート「サクセス荘」を舞台に、芸人、マンガ家、占師、料理人などで“一旗揚げたい”と成功を夢見る若者たちを描いている。小西さん演じるケニーは、夢はマジシャンという新住人で、第1回「招かれざる男とサクセス!」では、spiさん扮(ふん)する虎次郎の衣装箱から登場し、他の住人や視聴者を驚かせた。

 小西さんは「サクセス荘」について、「普通のドラマのように途中でカットがかからない、始まったらずっと演技が続くので、舞台みたいに、その空間で過ごすというところはすごく面白いなって思いました。直前のリハーサルだけで、段取りや位置を覚えなくはいけないので、本当に大変で、本番中は頭フル回転なので、予想以上に疲れます」と明かす。

 「まだまだ全然、落ち着いて楽しんでやれているっていうよりかは、頭の中がグワーって忙しくて(笑い)。でも少しずつ成長はできているのかな」と笑顔を見せる小西さんは、「自分のことをあまり緊張しないタイプだと思っていたのですが、最初に衣装箱から出てくるシーンは、スタンバイしているときずっと心臓がドキドキしていて。人生で一番かっていうくらい、緊張しました」と振り返る。

 演じるケニーについては、「明るくて元気で、年上に甘えるのが得意なキャラクター。実際に他のキャストの方は、自分より年上なので、そういう面ではやりやすいなって思っています。あと、ケニーは几帳面(きちょうめん)なのですが、僕はそこまでではないので、普段の生活から几帳面さを意識するようにしていますし、マジックもあるので、毎回緊張感を持ってやっています」と語った。

 和田雅成さんや高橋健介さん、黒羽麻璃央さん、荒牧慶彦さんら共演者の印象を聞くと、「緊張している僕を和ませようとしてくださって、皆さん本当に優しいです。特に和田さんは、カメラが回ってないところでも何でもツッコミを入れてくれるので、楽しんでいます」と楽しそうに話す小西さん。

 続けて「自分で納得できるような演技が全くできていないので、とにかく今はお芝居を勉強したい、としか思っていない」と俳優業への熱い思いをのぞかせると、「いろいろなものになれるのが楽しいですし、見てくださった方の反響もうれしい。もちろん悩んだりもするのですが、それ以上にやりがいを感じているので、このお仕事を続けていけたらなって思っています」と力を込めていた。

 「テレビ演劇 サクセス荘2」は、毎週地上波放送終了後に動画配信サービス「ひかりTV」でドラマ本編と、キャストによる反省会が配信中。

写真を見る全 13 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る