小池徹平:またまた“クズ役”が話題 「ギルティ」Pに聞くオファーしたくなる理由

ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」に出演する俳優の小池徹平さん=読売テレビ提供
1 / 4
ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」に出演する俳優の小池徹平さん=読売テレビ提供

 ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)、「奪い愛、夏」(AbemaTV)での“怪演”が大きな話題となった俳優の小池徹平さん(34)。放送中のドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)で演じる不倫夫“かずくん”こと一真役がまたまた話題となり、すっかり“クズ役”が板についた印象だ。「かずくん(を演じられるの)は小池さんしかいないだろうと思った」と話すドラマを手がける中間利彦プロデューサーに、小池さんにオファーした理由や、現場での様子について聞いた。

 ◇反動で“裏切り”が効く一真役

 ドラマは、丘上あいさんのマンガ「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」(講談社)が原作。身近な人々から裏切られ、許されない純愛に揺れるヒロインが、苦悩しながら強く生きる姿を描く。登場人物が“全員裏切り者”という設定で、毎回、爽(新川優愛さん)に笑顔を向ける人々の裏切りが発覚する。

 小池さん演じる一真は、新川さん演じるヒロイン・爽の夫。第1話では、イケメンで高給取りで、爽の仕事への理解もあり、家事の分担も率先してやる、優しくて完璧な夫として登場。しかし、実は、中村ゆりかさん演じる瑠衣と不倫をしていて……という展開が描かれ、視聴者を驚かせた。過去に弥生(智順さん)と結婚していたことや、子供がいることも爽に隠していたが、結局、爽が知るところとなる。第5話では爽が一真に離婚届を渡す場面が描かれた。

 「大恋愛~僕を忘れる君と」では、戸田恵梨香さん演じる尚と、ムロツヨシさん演じる真司に悪意を持って近づく松尾公平役を演じた小池さん。「奪い愛、夏」では、愛がゆえに、松本まりかさん演じる杏を鍵付きの部屋の中に閉じ込めるなど、壊れていく姿を“怪演”した。そんな小池さんを見ていたという中間さんは、「『かずくんは小池さんしかおらんやろ』ってまず思うわけですよ」と振り返る。

 第1話での「シュッとした、本当に優しい夫」という一真の印象が大事、と考えた中間さんは、「小池さんのすてきなビジュアル、優しさが前面に出ているかっこいいスマートなビジュアルは、かずくんにぴったりだなと思ったし、それがあるから反動で裏切りが効くという役どころ。小池さんしかいないだろうと思ってお願いさせていただいた」と起用理由を明かす。

 小池さんは、ドラマが始まる前に行われたインタビューで、「昔は爽やかな役が多かったですけど、クズだったり、バカだったり、ヤバい役の方がやりがいはすごくあるなぁという気がしますね」と話していた。また、「今まで『爽やかなイメージがある』と言われることも多かったです。それをやってたから、今(の怪演に)効いてくるというか。やっていたことは間違いじゃない」と以前のパブリックイメージが“隠し味”になっていると明かしていた。

 SNSでは、「小池徹平のかずくん役ハマりすぎ!」「小池徹平くんの役マジでクズすぎる」「ドクズ役がなかなかにハマってる」などのコメントが並んでおり、狙い通りとなったのではないだろうか。

 7月16日放送の第7話では、一真が「さーちゃん、愛しているよ。だから俺と別れてください」と爽に伝える場面が登場した。SNSでは、「かずくんは勝手だなぁ」「クズすぎる」などのコメントが上がる一方で、「かずくん良かったわー。小池徹平さんさすがだ」「不倫してても子どもいたこと隠しててもかずくん嫌いになれない」といったコメントもあった。

 中間さんは、「(小池さんは一真について)『本当にバカでクズだけど、楽しんで演じます』と言ってくれているので、すごくうれしかったし、実際に演じているのを見ても、僕、かずくんが好きで……(笑い)。クズだから、普通にやると嫌われると思うんですよ。小池さんに演じていただけると、『かずくんしゃーないな』と見られるのかなと思って」と話す。

 小池さんが演じるからこその“かずくん”になったといい、「キャリアで片付ける問題ではないと思いますが、お芝居がすごく達者で、すごく上手。あのかずくんを愛すべきかずくんにしてくれて、本当感謝しかないです」と続ける。さらに、「やばい役だけではなくて、振り幅大きく、いろいろな役をこなせちゃうから、これからもどんどん活躍されていく方なんだろうなと思って。このタイミングでご一緒できてよかったな」と話していた。

 ◇現場を和ませる小池徹平

 そんな小池さんが、撮影現場にいてくれることによって「助かることがものすごくある」と話した中間さん。新川さん、中村ゆりかさんら共演者の中で、小池さんは「一番のお兄ちゃんという立場」で、現場の空気を作ったり、キャスト同士をつなげてくれたりしたのだという。

 また、小池さんには芝居の“スイッチ”があるように見えたといい、「重いシーンの前に、(小池さんが)ずっと重くなっているかっていったらそうじゃないし、芝居が始まったらひゅっと(スイッチを)入れる感じ」と小池さんの様子を明かす。「(芝居の前に)『かずくん、やばくないですか?(笑い)』って言いながらやってくれたり、冗談を言って盛り上げてくれたり、現場の空気を和ましてくれるんです。ありがたいですよね」と続ける。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、撮影現場では、しっかりフェースガードをつけて、日々撮影が行われている。「この状況下で、キャスト、スタッフのみなさんの安全を守りながらドラマを作っていかないといけないので、ピリピリしたり、殺伐としている部分があると思う。そういうときに、現場の空気ってより大事になるなと思うので、そういう和やかな空気を作ってくれる小池さんの立ち居振る舞いとかはすごくありがたいですね」と感謝する。

 では、共演者から見た小池さんの印象はどうだろうか。ドラマの撮影も終盤となったころに行われたインタビューで、新川さんは、「(小池さんは)すごく引っ張っていってくださった。その場を和ませてくれたし、ずっと笑顔でみんなのことを気にかけたり、いじってみて笑いが起こったりとか、いろんなところが見えていて、アンテナ張られていて、すごく優しい方なんだなと思いました」と話していた。

 また、「若いスタッフさんもそうだし、上のカメラマンさんとかにもそうですけど、みんなに対して、同じレベルの“リスペクト”を持って接してくれている」と表現していた。

 ***

 これまでに小池さんを何度か取材をしたことがある記者自身も、気遣いの言葉をかけてもらったことがある。だから、新川さんの「みんなに対して、同じレベルの“リスペクト”を持って接してくれている」という言葉に妙に納得した。

 爽やかなイメージのある小池さんが、“クズ”を演じるからこそ生まれるギャップ。このギャップこそが、小池さんの持ち味でもある。そんな小池さんについて、中間さんは「こちらが求めていることはすぐにわかっていただけるし、完璧」「現場の空気の作り方がやっぱり一番(すごい)」と話す。こうしたスタイルが、小池さんと仕事をしたくなる理由なのではないだろうか。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る