闇芝居:人気ホラーアニメが実写ドラマ化 「新耳袋シリーズ」井口昇監督がメガホン 「でんぱ組.inc」相沢梨紗&鹿目凛ら出演

テレビ
連続ドラマ「闇芝居(生)」のポスタービジュアル=テレビ東京提供

 都市伝説をテーマとした紙芝居風のテレビアニメ「闇芝居」を実写化した連続ドラマ「闇芝居(生)」(テレビ東京ほか、水曜深夜1時28分)が9月9日深夜から放送されることが8月10日、分かった。「闇芝居(生)」は、ホラードラマ「新耳袋シリーズ」「富江アンリミテッド」などの井口昇監督らがメガホンをとる。アニメ作品で人気の高い「お札女」「台所」「お届け物」「女のカゲ」などを実写化。ドラマオリジナルのストーリーも加わる。1回に3話のショートストーリーを放送する。

 アニメ「闇芝居」は、テレビ東京で7期にわたり放送された人気ホラー作品。YouTubeで期間限定配信されると、累計再生約1800万回を記録した。

 ドラマには、「でんぱ組.inc」の相沢梨紗さんと鹿目凛さん、「虹のコンキスタドール」の中村朱里さんと的場華鈴さん、一ノ瀬竜さん、北川尚弥さん、君沢ユウキさん、佐藤永典さん、佐奈宏紀さん、白又敦さん、杉江大志さん、世古口凌さん、高崎俊吾さん、「強流-Goal-」の田中稔彦さん、谷佳樹さん、十味さん、「ラストアイドル」の中村守里さん、西川俊介さん、橋本祥平さん、濱正悟さん、雛形羽衣さん、平野良さん、深澤大河さん、宮澤佑さんが出演する。 

 ◇井口昇監督のコメント

 数年前にアニメ版の「闇芝居」を演出させていただいたのですが、今回「実写版」も監督させていただいて本当に光栄かつうれしく思っております! ただ「実写版」というと、アニメ版を生身の俳優さんでなぞっただけのドラマを想像されて「あの紙芝居的な良さがなくなるんじゃないの?」と不安がる方もいらっしゃると思いますが、安心してください。

 なんと今をときめく俳優さんが勢ぞろいし、写真アニメーションとして「闇芝居」の世界にそのまま入り込むのです。紙芝居のような懐かしさのあるビジュアル世界に、最新デジタル技術で人気者のキャストの皆さんがインストールされた映像は、想像の上を行く驚きと怖さに満ちていますので期待しててください!

 そして「生」ならではの見どころは美男美少女のキャストが嬉々(きき)としながら大胆に演じてくれた「恐怖顔」と「悲鳴顔」です。推しの役者さんによる「恐怖におびえる姿」を堪能するのもホラー作品の醍醐味(だいごみ)ですよ! アニメ版の名作のリメークや、かなり過激度の高い新作エピソードを、視聴者の皆さんの想像を超えるアプローチで毎回怖がらせていきますので、ぜひ楽しみにしててください! 誰も見たことのない新時代の恐怖が待ってます。

 ◇漆間宏一プロデューサーのコメント

 「闇芝居」の実写化ってどうするんだ、という疑問が第一印象で、次に紙芝居テイストを実写化する内容に面白さを感じました。アニメ作品のリメークから新作による3本のショートストーリーからなる構成となっており、動画じゃなく写真をコラージュする独特の描写なので、アニメとはまた違う「闇芝居」の恐怖をお楽しみいただけると思っております。またキャストの皆さんをスタジオで撮影したものと、風景画を組み合わせたものを加工する内容なので、コロナ禍でも撮影しやすい方法になっており、このタイミングで皆様にお届けできることをありがたく思います。実はテレビ東京のアニメ作品初のドラマ実写化でございます。ぜひお楽しみください!

 ◇船田晃プロデューサーのコメント

 アニメ「闇芝居」から制作に関わらせていただきはや8年。実写版が制作できるとは思ってもいませんでした。実写化にあたりもともとの紙芝居感をどういうふうに残せるかがポイントでした。井口さんを中心とした監督陣にも相談して、動画でなく写真を活用したことで、新しい感覚ができるのではと思い今回の作風にしました。もともとアニメ版の声を担当した人たちも役者の方が多く、実写に代わっても映像イメージが共感はできたのかもしれないです。若い世代の役者の人たちとは、他の作品上接点が多くあったので、監督陣にも彼らのいいところをうまく導けるような作品をキャストに合わせて選んで「怖い」表情を意識して作ってもらいました。写真を使うことで、アニメでは可能ですが実写映像ではできないパースの使い方や演出の仕方にこだわってもらったので、キャスト スタッフ陣も撮影してるときにはイメージできない仕上がりを大いに怖がってもらえればと思います。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る