竜の道:第5話 “竜一”玉木宏のクーデター計画 “源平”遠藤憲一が反撃へ?

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第5話のワンシーン=カンテレ提供
1 / 5
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第5話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第5話が8月25日に放送される。

 両親の自殺の原因を知った美佐(松本穂香さん)は、竜二(高橋一生さん)に、まゆみ(松本まりかさん)に近付いた理由は「キリシマ急便への復讐が目的では?」と問い詰める。美佐の追及をやり過ごした竜二だが、美佐が密かに竜一(玉木宏さん)を頼りにしていることに気付き、胸がざわつく。

 数日後、竜二は視察名目でキリシマ急便へ出向く。国交省での自分の立場を示すことで、源平(遠藤憲一さん)にプレッシャーをかけようとする竜二に対し、源平は思わぬ反撃材料を準備していた。

 同じ頃、竜一は、晃(細田善彦さん)を使って源平を追い出すクーデター計画を進めていくが、自分の復讐計画が美佐や周りの人間を巻き込んでいくことに内心苦しんでいた。憎しみに耐えながら源平と良好な関係を築こうとする竜二を気の毒に思い、竜二に「ある提案」を持ちかける……。

 原作は白川道さんの未完小説「竜の道」(幻冬舎)。玉木さん演じる主人公の竜一と、高橋さん演じるエリート官僚となった竜二の双子が、両親を死に追いやったキリシマ急便の社長・源平に復讐していくサスペンス作。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る