若月佑美:ウェディングドレス姿を初披露 「わくわく」 

テレビ
「私の部下のハルトくん」でウェディングドレス姿を初披露する若月佑美さん(C)TBSスパークル/TBS

 多部未華子さんの主演ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系、火曜午後10時)の配信版オリジナルストーリー「私の部下のハルトくん」(Paravi)の最終話「今夜、万薬の長で」が9月1日に配信され、「乃木坂46」の元メンバーで女優の若月佑美さんがウェディングドレス姿を初披露することが分かった。若月さんは「日々の生活の中でドレスを着る瞬間なんてなかなかないのでとてもわくわくしました。特に真っ白なドレスはりんとして清くてとてもすてきでした! 将来ティアラはぜひ付けたいと思いました(笑い)」と話している。

 「私の家政夫ナギサさん」は、電子書籍配信サイト「コミックシーモア」から生まれた四ツ原フリコさんのウェブマンガ「家政夫のナギサさん」が原作のハートフルコメディー。バリバリ働くキャリアウーマン(バリキャリ)だが、家事は苦手で生活力ゼロのアラサー独身女子、相原メイ(多部さん)の28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のスーパー家政夫のおじさん、鴫野(しぎの)ナギサ(大森南朋さん)が突然現れる。

 配信版オリジナルストーリー「私の部下のハルトくん」は、眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さん演じる瀬川遙人(はると)が主人公。メイが勤める製薬会社の新入社員・瀬川遙人の悩みや葛藤を通した成長、恋愛事情などを描いている。最終話は、飲み会の2次会の席で、堀江(岡部大さん)が王様ゲームを始めようとする。実は、遙人と天馬(若月さん)の距離を縮めようとする作戦で、薫(高橋メアリージュンさん)も乗り気になり、ゲームがスタート。堀江が王様の権利を獲得し、遙人と天馬にキスするよう命令する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る