半沢直樹:“瀬名”尾上松也、どアップの顔芸シーンを希望 「先輩方が思う存分やっている姿見て…」

テレビ
朗読劇「感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇『半沢直樹』」に出演した尾上松也さん(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の朗読劇「感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇『半沢直樹』」が9月12日、新国立劇場中劇場(東京都渋谷区)で開催され、歌舞伎俳優の尾上松也さんらが出演。ドラマでは「スパイラル」の瀬名洋介社長を演じた松也さんだが、「腹が立つことがありまして、先輩方が思う存分やっている姿を見て、畜生という感じです。役はそのままもう一回撮影して、どアップの顔芸シーンをやりたいです」と語って、観客の笑いを誘っていた。

 朗読劇は、ドラマ放送に先駆けてTBSラジオで今年2~3月に放送された「TBSラジオ オリジナルドラマ『半沢直樹』敗れし者の物語 by AudioMovie」をヒントに生まれた特別企画。ラジオとのコラボで実現した「半沢直樹」の世界観を声で届けるというエンターテインメントに、出演者が生朗読する舞台演出が重なった、オリジナルストーリーの朗読劇となる。

 報道陣に公開された公演では、「電脳雑伎集団」の平山一正社長(土田英生さん)と美幸副社長(南野陽子さん)のその後を描いた「黒い二人の日記帳」と、「スパイラル」の瀬名社長と「太洋証券」の広重多加夫(山崎銀之丞さん)のその後を描いた「繰り返される時…」が披露された。

 朗読劇後のトークコーナーで松也さんは、瀬名の剣道シーンについて「瀬名をやっている中で、唯一先輩に対して威嚇をするシーン。去って行く場面で(甲高い声を出して)『ヤーッ!!』って叫んだのは監督の指示ではなく、あれは先輩やヒール役への威嚇射撃というつもり。指導してくださる先生が『ヤーッ!!』ってやっていたのをマネしただけなんです」と、撮影秘話を明かしていた。

 トークイベントには朗読劇に登場した4人に加え、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」から伊集院光さんがゲスト出演し、会場を盛り上げた。

 朗読劇は13日にも行われ、同日正午の公演には南野さん、土田さん、松也さん、山崎さんら、同日午後4時の公演には南野さん、土田さん、松也さん、賀来賢人さんらが出演する。朗読劇の様子はオンラインでも配信されており、配信チケットは公式サイトなどで発売中。価格は1800円。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る