私たちはどうかしている:“おかみ”観月ありさの演技に「いい表情」「新境地」の声

テレビ
ドラマ「私たちはどうかしている」第7話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の浜辺美波さん、俳優の横浜流星さんダブル主演の連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)第7話が9月23日に放送された。観月ありささん演じる老舗和菓子屋のおかみ、高月今日子について、視聴者からは「私たちはどうかしているの女将は、いい表情するな~」「観月ありさの演技が面白いw 新境地」といった声が上がるなど、注目された。

 原作は、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載中の安藤なつみさんの同名マンガ。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋「光月庵」のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 第7話では、椿から七桜が光月庵を乗っ取ろうと考えていることを伝えられた今日子が、「光月庵を乗っ取る? 冗談じゃない。あの小娘……」と怒りを爆発させる場面が登場。岸井ゆきのさん演じる椿の婚約者・栞から椿の子を「妊娠しているみたいなんです」と告げられると、「栞さん! 素晴らしいわ~! すぐに結婚式の準備をしましょう!」とウキウキした様子で話す場面もあった。

 観月さんは、ドラマが始まる前に「今日子を見るのが楽しみになっていただけるよう、パワー全開で演じていきたいと思っています!」と意気込みを語っていた。第1話の放送後から、SNSでは「観月ありさのおかみ素晴らしいなあ」「観月ありさ怪演」など話題を集めてきたが、今回も「観月ありさの演技が怖面白い」「第7話、もう観月ありさが主役じゃん」など注目されていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る