八十亀ちゃんかんさつにっき:テレビアニメ第3期の制作決定 “名古屋あるある”マンガが原作

アニメ マンガ
「八十亀ちゃんかんさつにっき」のビジュアル(C)安藤正基・一迅社/八十亀ちゃん3製作委員会

 “名古屋あるある”をテーマにした安藤正基さんの4コママンガが原作のテレビアニメ「八十亀(やとがめ)ちゃんかんさつにっき」の第3期が制作されることが9月26日、分かった。詳細は今後、発表される。

 原作者の安藤正基さんは「まさかまさかの第3期制作が決定しました! 『またか!』という感じですが、 くどいぐらいの味の濃さが名古屋の醍醐味(だいごみ)です。第1、2期をへてさらに広がる名古屋の世界と、変わらない八十亀ちゃんたちの日常をぜひお楽しみにしていただければと思います。3さつめも見てちょ~よ!」とコメントを寄せている。

 「八十亀ちゃんかんさつにっき」は、マンガ誌「月刊Comic REX(レックス)」(一迅社)で連載中のマンガで、名古屋弁を話す少女・八十亀最中(やとがめ・もなか)と東京育ちの転校生・陣によるご当地文化の違いを描いている。テレビアニメ第1期が2019年4~6月、第2期が2020年1~3月に放送され、愛知県出身の戸松遥さんが、八十亀最中の声優を務めたことも話題になった。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る