佐藤大樹:橋本環奈のビンタ“おねだり”? 「Mかもしれないですね」

映画
映画「小説の神様 君としか描けない物語」の公開直前イベントに出席した佐藤大樹さん(左)と橋本環奈さん

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さん、女優の橋本環奈さんが9月28日、東京都内で行われたダブル主演映画「小説の神様 君としか描けない物語」(久保茂昭監督、10月2日公開)の公開直前イベントに出席。劇中、橋本さんからビンタされるシーンがあり、リハーサルから見ていた共演の佐藤流司さんが「大樹くんが『もっと大丈夫、もっと大丈夫』って言っていて、俺は何を見せられているんだろうと思った……」と暴露。司会者から「(ビンタは)嫌じゃなかった?」と問われると佐藤大樹さんは「実は、はい。Mかもしれないですね」とおどけて笑わせた。

 佐藤大樹さんは本作で初共演の橋本さんについて「ほかの作品でツンツンしていたり怒鳴ったりしているキャラクターだったので、そういう方なのかな」というイメージを抱いていたというが、実際は「物腰柔らかでこんなにフランクに話してくれる人いない。国民的に愛されている理由が分かった。人の懐に入るのが上手。猫界でいうと『CIAOちゅ~る』」と橋本さんの人懐っこい素顔を明かした。

 映画は、相沢沙呼さんの同名小説(講談社)が原作。中学生で作家デビューしたものの、発表作が酷評され、売り上げもふるわない高校生小説家の千谷一也(佐藤大樹さん)と、同じクラスで売れっ子人気高校生小説家の小余綾詩凪(橋本さん)がタッグを組み、ベストセラーを生み出そう奮闘する……というストーリー。イベントには杏花さん、莉子さん、坂口涼太郎さん、片岡愛之助さん、久保監督も登場した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る