片岡愛之助:「きょうはオネエじゃなくて…」とニヤリ 父親役の映画イベントに登場 「半沢直樹」では黒崎役熱演

映画 テレビ
映画「小説の神様 君としか描けない物語」の公開直前イベントに登場した片岡愛之助さん

 歌舞伎俳優の片岡愛之助さんが9月28日、東京都内で行われた映画「小説の神様 君としか描けない物語」(久保茂昭監督、10月2日公開)の公開直前イベントに登場した。

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演映画で、劇中で佐藤さんの父親役を演じた愛之助さんは、「きょうはオネエじゃなくてちゃんとした父親役です」とTBSドラマ「半沢直樹」で演じた黒崎を引き合いにしてニヤリ。佐藤さんも「最近はいろんな番組で見ていて。きょうはオネエじゃなくてよかった」と笑っていた。

 映画は、相沢沙呼さんの同名小説(講談社)が原作。中学生で作家デビューしたものの、発表作が酷評され、売り上げもふるわない高校生小説家の千谷一也(佐藤大樹さん)と、同じクラスで売れっ子人気高校生小説家の小余綾詩凪(橋本さん)がタッグを組み、ベストセラーを生み出そう奮闘する……というストーリー。イベントには杏花さん、莉子さん、坂口涼太郎さん、久保監督も登場した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る