極主夫道:“龍”玉木宏に「再現度高い!」「ビジュアル完璧」 表情作りに「原作そのまま」と反響も

テレビ
連続ドラマ「極主夫道」第1話のワンシーン=読売テレビ提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)第1話が、10月11日に放送された。原作は新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガ。ドラマでの玉木さん演じる元極道のこわもてな専業主夫・龍に対して、「玉木宏、再現度高い!」「龍の再現度のヤバさに驚いた」「再現度が素晴らしすぎる」「龍のスタイル完全再現」「龍さんビジュアル完璧」と注目が集まった。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

 第1話は、かつて“不死身の龍”と呼ばれる伝説の極道だった龍は足を洗い、妻の美久(川口春奈さん)、娘の向日葵(白鳥玉季さん)と平穏に暮らしながら、家事に命をかける専業主夫として忙しい毎日を送っていた。一方、龍の所属していた天雀会は、ライバルの大城山組から従わなければ潰すと言われ危機的状況だが、龍のいない今は大城山組に勝てそうにない。

 組を守るため、龍の元舎弟・雅(志尊淳さん)は龍に組へ戻ってほしいと懇願。しかし龍は「俺は、専業主夫になったんや」と言って断る。そんな中、天雀会と大城山組の緊張が更に高まり、ある事件が勃発。恩義ある人たちが追い詰められていくのを目の当たりにした龍は、放っておけなくなり……というストーリーだった。

 視聴者の間では、玉木さんの表情作りも話題となり、「原作の表情によく似てる」「表情が完璧原作再現」「キメ顔の原作再現率高い!」「玉木宏の顔芸、マンガに寄せてて良き!」「特に笑い方が原作そのまんま」といった声が上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る