キワドい2人-K2-:“神崎”山田涼介の「生きててくれてありがとう」に視聴者涙 “せりふの強さ”に「救世主」の声も

テレビ
連続ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」最終話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん主演の連続ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」(TBS系、金曜午後10時)の最終話が、10月16日に放送された。山田さん演じる神崎隆一が母親に「生きててくれてありがとう」と告げるシーンに、「この言葉すごく心に響いた」「胸に刺さった」「涙が止まらなかった」「涙腺崩壊」「ボロッボロ泣いた」と感動する視聴者が相次いだ。

 ドラマは、横関大さんの刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」(講談社文庫)が原作。人情派の生真面目キャリア刑事・神崎隆一が、超型破りのキレ者刑事・黒木賢司(田中圭さん)とタッグを組み、池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑む姿を描いた。性格、価値観、捜査方針などが正反対の凸凹バディーで捜査の度に衝突を重ねる2人は、実は異母兄弟という秘密を抱えている。

 最終話では、神崎は、自分が犯罪者の息子という衝撃の真実を知り自暴自棄になっていた。黒木は、22年前の「ファミレス立てこもり事件」の捜査を担当していた副署長・澤登哲也(六角精児さん)の身に危険が迫っていることを知る。

 黒木が澤登の元に駆け付けると、そこには行方をくらませていた父・神崎賢造(椎名桔平さん)の姿があった。しかし、22年前の事件の真相を澤登に迫る賢造は、隠れていた捜査員たちに囲まれてしまい……というストーリーが展開された。

 劇中では、涙を流しながら母親に「生きててくれてありがとう」と伝える神崎の姿が描かれ、視聴者からは「隆一くんの涙が息をのむほどきれいだった」「涙流すシーンがとても良かった」「表情があまりにもリアル」「本当に良い演技する」「山田涼介の演技力にはいつも驚かされる」など絶賛の声が続出。

 また、昨年放送された主演ドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)では、山田さん扮(ふん)する“セミオ”が「生きてていいんだよ」と伝えるシーンがあり、今回のせりふと共に「どっちもしみるなあ」「山田涼介の口から発せられる言葉の強さ優しさ」「あなたの言葉には大きな力があるね」「いっつも助けてもらってるな……」「救世主……」といった声も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る