DIVER-特殊潜入班-:福士蒼汰がクランクアップ 印象に残ったのは「裸でボコボコにされるシーン」 

テレビ
連続ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」のクランクアップを迎えた福士蒼汰さん=カンテレ提供

 10月20日に最終回が放送される連続ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で、主演を務めた福士蒼汰さんがこのほど、クランクアップを迎えた。“D班”メンバーの佐根村将役の野村周平さんとリーダーで兵庫県警組織犯罪対策課の伊達直哉役の安藤政信さんから花束を贈られた福士さんは「皆さんのおかげでとても楽しく演じることができました」とあいさつ。印象に残ったシーンについては「クランクインの日に、裸でボコボコにされるシーンから始まったのは、鮮明に覚えています」とコメントした。

 福士さんがクランクアップした後に、野村さん、闇医者・皆本麗子役の片瀬那奈さん、ホワイトハッカー・宮永壮一役の浜野謙太さんの撮影も終了した。

 ドラマは、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載された大沢俊太郎さんのマンガ「DIVER-組対潜入班-」が原作。窃盗や暴力事件の常習犯だったが、警察も手を焼くほどの巧妙な手口を考え出す異常に高いIQ、判断力、身体能力を持つ“極悪・最凶のダークヒーロー”黒沢兵悟(福士さん)と、兵悟が所属する潜入捜査官チーム“D班”のメンバーたちの活躍を描く。最終第5話は10月20日放送。

 ◇福士蒼汰さんのコメント

 本当に内容の濃い2カ月だったなと思います。毎日毎日いろんな刺激があって、すごく楽しかったです。「DIVER」の原作本を読んですごく狂気的な作品だなと感じていましたが、美術さんや照明部さん、カメラのアングル、演出、脚本など、スタッフの方々のこだわりのおかげで、リアルに、現実に落とし込みながら作ることができたな、と思います。

 印象に残っているシーンはたくさんありますが、クランクインの日に、裸でボコボコにされるシーンから始まったのは、鮮明に覚えています。砂利で膝が痛かったのですが、我慢しながら初日を乗り切りました。それがちょうど2カ月前。ほかにもいろいろな思い出がありますが、野村君とのアクションシーンもとてもかっこよく、それぞれのキャラクターをアクションで見せられたかなと思います。密を避けるべき時に濃密な時間を過ごさせていただいて、ありがとうございました!

 ◇野村周平さんのコメント

 かなり暑い中での撮影だったので、無事に終わることができたっていうのが、まずうれしいですね。1年ぶりのドラマ撮影だったので、最初は緊張しましたが、最終的に感覚が取り戻せて良かったなと思います。将は元自衛官なので、体作りや格闘技はこだわりました。福士くんが食事制限をされていたので、僕だけバクバク食べていてもあかんかなと思って、つられて僕も食事制限をしていました(笑い)。撮影はスタッフの皆さんのおかげですごく楽しくて、大阪・関西の雰囲気が出ている良い現場やなと感じましたし、僕の地元である神戸でもたくさん撮影をしていたので、いろんなところで懐かしさを感じる日々でした。

 ◇片瀬那奈さんのコメント

 クランクアップを迎えましたが、まだ実感が湧かないです。ちょっとさみしいです。すごく和気あいあいとした、濃いチームで撮影できたなと思います。大変なことは本当に暑さとの闘いだけでした(笑い)。浜野さんとのシーンが一番多くて、すごく仲良くなりました。楽しかったです。この撮影を通して、みんなの絆が深まったと思います。

 ◇浜野謙太さんのコメント

 本当にお世話になりました。僕の事情(病気)でご迷惑をお掛けして、いろんなずれ込みがあって。その中でも、最後まで撮影をさせていただけたっていうのは、本当にありがとう、という気持ちです。宮永はお菓子をよく食べているので、お菓子の使い方にはこだわりました(笑い)。お菓子だけ子供のころ与えられて育ったんだろうな、という宮永を演じているので、そこが伝わるとうれしいです (笑い)。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る