有村架純:初共演の林遣都は「魂のこもった役者」 King & Prince高橋海人らに「会いたい」と言われ「うれしい」 連ドラ「姉ちゃんの恋人」

テレビ
連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」の会見に登場した有村架純さん(左)と林遣都さん

 女優の有村架純さんが10月22日、東京都内で行われた主演連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の会見に、共演の林遣都さんと登場。有村さんと今作が初共演の林さんについて「人の心にすっとなじむ。声色というか表現が心地よい。とても稀有(けう)な役者さんだと思っています。すーっと入ってくるけど、内に秘める熱量があって、熱い男性なのかなと思っています。魂のこもった役者さんだと感じました」と語った。

 一方の林さんは、有村さんの印象について「すてきな女優さんで心から尊敬していました。撮影の中で、日々の過ごし方、現場のたたずまいなど全てが素晴らしくて。出会ってきた女優さんの中でも格別。一緒にお芝居をしていて引っ張られるものがあり、日々、刺激を受けています」と語った。

 ドラマには、人気グループ「King & Prince」の高橋海人さん、俳優の日向亘さんと南出凌嘉さんも出演。有村さん演じる主人公・安達桃子の弟を演じる3人については「3兄弟は、はじめ緊張していて(笑い)。その緊張感のまま(撮影に)行くとまずいと思って、何とか心をほぐそうとコミュニケーションを取りました。今となっては『早く会いたい』と言ってくれたり、姉ちゃんとして、それがうれしくて」と満面の笑みを見せていた。

 「姉ちゃんの恋人」は、有村さんがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」などの岡田惠和(よしかず)さんが脚本を担当するオリジナル作品。高校3年生のときに両親を事故で亡くして以来、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”の桃子(有村さん)が、偶然職場で出会った吉岡真人(林さん)との恋によって、日常が大きく変わる……という恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディー。

 有村さんは、演じる桃子について「台本をいただいて演じながら発見があり、生命力あふれる女性だと感じています。親が亡くなって使命感を背負いながらも、前を向いて一生懸命生きている女性だなとひしひしと思って、演じています」と語った。ドラマについては「キャラクターたちがまぶしく輝いていく姿をぜひ見守ってほしい。岡田さんが描いた愛くるしいキャラクターたちを愛してくださると幸せです」と呼びかけていた。

 10月27日から毎週火曜午後9時に放送。初回は15分拡大版。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る