木村佳乃:バラエティー出演も話題 40代で“第2次開花” 「恋する母たち」CP明かす魅力

テレビ
女優の木村佳乃さんの主演ドラマ「恋する母たち」のワンシーン(C)TBS

 柴門ふみさんの同名マンガをドラマ化する、女優の木村佳乃さん(44)の主演作金曜ドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)が、10月23日にスタートする。同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリーで、かつての「金曜日の妻たちへ」(同局系)をほうふつとさせる作品だ。恋する母を演じる木村さんについて、今作を手がける磯山晶チーフプロデューサー(CP)は、「木村さんって、40歳ぐらいから“第2次開花期”というか。今、またすごくすてきだなと思ったのが決め手です」と話す。1996年放送のドラマ「協奏曲」(同局系)でも木村さんと仕事をしたという磯山さんに、当時のエピソードや、木村さんの魅力を聞いた。

 ◇連載初回の時点で、ドラマ化を申し込み

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された、柴門さんの同名マンガが原作。木村さん、吉田羊さん、仲里依紗さん演じる、秘密と悩みを抱える美しい母たちの三者三様の運命を描く。木村さんが主人公の石渡杏、吉田さんが杏と同じく名門校に通う息子と、売れない小説家で主夫という夫を持つキャリアウーマンの林優子、仲さんが2人と同じ名門校に通う長男のほか2人の娘を持つ3児の母で、法律事務所の代表という夫を持つ蒲原まりを演じる。

 阿部サダヲさんが、チャリティーイベントで出会ったまりに一目ぼれし、強引に誘いをかける人気落語家・今昔亭丸太郎、小泉孝太郎さんが、杏の前に現れる夫の駆け落ち相手の夫・斉木巧、磯村勇斗さんが、優子と同じ会社で働く優秀なイマドキ部下・赤坂剛を演じる。3人の母の息子たちを、奥平大兼さん、宮世琉弥さん、藤原大祐さんが演じる。

 脚本は大石静さんが担当する。主題歌は、シンガー・ソングライターの松任谷由実さんが今作のために書き下ろした「知らないどうし」。

 編成部のドラマ統括として、ドラマ原作を探したり、企画書を募集したりする立場だったという磯山さん。今作のドラマ化の背景について、「柴門さんの新連載のタイトルが『恋する母たち』だと聞いて、これは絶対に面白そうだと。連載第1回で、小学館さんに映像化したいって申し込みに行ったんです」と当時を振り返る。

 それから1~2年ほどの時間がたち、正式にドラマ化が決定。「女性誌に柴門さんが書かれるというのが今までなかったので、すごく女性目線の物語になるんだろうなと思いましたし、何よりタイトルが面白そう」とキャッチーなタイトルに惹(ひ)かれた。また、登場人物たちが魅力的で、「『誰がこの役をやるんだろう?』と考えているときが楽しくて、制作意欲が湧く原作だった」と明かす。

 ◇「イッテQ!」出演も話題に 「今、木村佳乃さんってすごくすてき」

 木村さん演じる主人公の杏は、旅行代理店で働く夫と一人息子の3人で生活を送っていたが、ある日、夫が失踪し生活が一転。シングルマザーとして息子を育て、この春に有名進学校に入学させたという役どころ。家族と幸せに暮らしているつもりだったが、夫が愛人と駆け落ち……。磯山さんは、「杏は実は逆境の人だし、それでいて強いし、ひたむき。すごく芯の強いというのが木村さんに合っているなと思った」と起用理由を説明する。

 また、木村さんについて「仕事をすごく楽しんでやってらっしゃる感じがいいなと思う」と話し、「原作の杏より、もうちょっとからっとするというか。とてもポジティブな方なので、明るい持ち味が足されて、そのほうがいいなと思って」と続ける。

 そんな杏は、視聴者から「一番共感を得るキャラクター」ではないかと磯山さんは考えている。「『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などバラエティーで見せる顔と、女優の顔と両面ありますし、『今の木村佳乃さんってすごくすてきだな』と思ったのがキャスティングの決め手ですね」と明かす。

 木村さんは近年、「世界の果てまでイッテQ!」で、体を張った企画に果敢に挑戦し、「芸人以上に度胸を見せる」「芸人殺し」と話題を集めてきた。「木村さんって、40歳ぐらいから“第2次開花期”というか。バラエティーもそうですし、『はつ恋』(2012年放送)というNHKのドラマがあって、すごくせつない演技をされていて。若い頃もご一緒したことがあるのですが、全然違うように見えたんですよね」と話す。

 かつて、田村正和さんの主演ドラマ「協奏曲」で、木村さんと一緒に仕事をしたという磯山さん。当時の木村さんについて聞いてみると、「笑い話なんですけど、本当にスケジュールがタイトで、新人なのにヘリコプターで移動して来たことがあって(笑い)。それでも『なんかすみません、私なんて』みたいな、無駄な自虐がなくって、『間に合ってよかったー!』みたいな、底抜けな感じでしたね」と振り返る。

 そんな底抜けの明るさは、現在も変わっていないという。この日の撮影現場でも、木村さんがスタッフと明るくやりとりする姿があった。そんな撮影現場での木村さんを「ポジティブクイーン」と表現した磯山さんは、「高い声で『おはようございまーす!』みたいな感じで、本当にみんなに元気をくれる方ですね。いろいろなスタッフに目を配ってくださるし、とにかく明るくて、よく笑いますね。そして声が大きい!」と様子を明かす。

 ◇令和によみがえる恋愛ラビリンス

 近年の女優業では、大人のドロドロの愛憎劇を描いたドラマ「あなたには渡さない」(2018年放送、テレビ朝日系)で、夫の愛人役の水野美紀さんとのバトルを繰り広げたり、2019年放送のドラマ「後妻業」(カンテレ・フジテレビ系)での、木村多江さんとのビンタ合戦なども注目を集めた木村さん。今作ではどのような演技を見せてくれるのだろうか。

 磯山さんによると、杏は3人の母の中で「一番自制が効いている」人だという。「明るく平穏、バランスを保っているんですが、均衡が崩れたときに、抑えた怒りや悲しみを吐き出すシーンが多くて。その感じがキーキーしなくて、下品じゃないし、清潔だし、共感できる。『そりゃあそうだろうね』という感じというか……。怒り、悲しみを嫌な感じにぶつけてこない所がすてきだなと思います」と木村さんの演技について話す。

 最後に、「清廉潔白な、誰にも恥じない生き方をしていて、丁寧な暮らしみたいなドラマが最近多い」と話した磯山さん。「もっと人間が愚かしくて、馬鹿馬鹿しい間違いをして、滑稽(こっけい)で、ジタバタして生きる姿を描くドラマがあってもいいんじゃないかなと思っています。柴門さん、大石さん、ユーミンさんっていうレジェンド3人が、令和の世に、不死鳥のようによみがえらせた恋愛ラビリンスをお楽しみいただければ」と視聴者に呼びかけた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る