恋する母たち:“赤坂”磯村勇斗の“全裸待機”に大反響 「破壊力が半端ない」「だめキュン」

女優の木村佳乃さんの主演ドラマ「恋する母たち」の第3話のワンシーン(C)TBS
1 / 10
女優の木村佳乃さんの主演ドラマ「恋する母たち」の第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が11月6日、放送された。吉田羊さん演じるキャリアウーマンの林優子と、磯村勇斗さん演じる部下・赤坂剛が、出張先で同じ部屋に泊まる様子が描かれた。赤坂が全裸で「もう我慢できないです、俺」などと話す場面があり、視聴者からは「全裸で仁王立ち」「磯村勇斗の破壊力が半端なくてたまらない」「だめキュン」といったの声が上がるなど大反響だった。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。

 木村さんが主人公の石渡杏、吉田さんが杏と同じく名門校に通う息子と、売れない小説家で主夫をする夫を持つキャリアウーマンの林優子、仲里依紗さんが2人と同じ名門校に通う長男のほか2人の娘を持つ3児の母で、法律事務所代表の夫を持つ蒲原まりを演じる。また、小泉孝太郎さんが杏の前に現れる夫の駆け落ち相手の夫・斉木巧役、阿部サダヲさんが人気落語家・今昔亭丸太郎役で、母3人の息子たちを、藤原大祐さん、奥平大兼さん、宮世琉弥さんが演じる。脚本は大石静さん。

 第3話では、けがをした同僚の代打で、優子と京都出張に行くことになった赤坂。同行するはずだった小森が女性だったため、ツインルーム一つしか予約しておらず、出張が終わろうとしたそのとき、赤坂の宿泊先がないことが発覚する。

 自分のことは気にしないで、と言う赤坂だが、ホテルが取れない状況を見た優子は、仕方なしに「何もしないでよ」と2人同じ部屋に泊まることに……。互いを意識して眠れずに時間が過ぎ、しびれを切らした優子は、赤坂を晩酌に誘う。酔った優子は、自分がメガネをかけるようになったきっかけを話し始め……という展開だった。

 優子がシャワーを浴びているとは知らず、赤坂が洗面所に入ってきてしまい、優子と遭遇。動揺を隠そうとする優子だったが、着替えて部屋に戻ると、赤坂が全裸で仁王立ちし、「もう我慢できないです、俺」とつぶやいて……というシーンも登場。SNSでは、「磯村勇斗くんかっこよすぎ」「磯村勇斗の全裸待機見て寝れなくなった」「ガン見した」などのコメントが並んだ。

 磯村さんが出演したサウナをテーマにしたドラマ「サ道」(テレビ東京系)の名前を出して、「磯村くんの裸体は『サ道』で見慣れてるはずなのに、昨日のはヤバすぎる」という意見も上がっていた。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る