笹本玲奈:「ノーサイド・ゲーム」の“メガネ美女” 「恋あた」第4話から出演 物語の鍵握るキーパーソンに

女優の森七菜さんの主演ドラマ「この恋あたためますか」の第4話から出演する女優の笹本玲奈さん(C)TBS
1 / 1
女優の森七菜さんの主演ドラマ「この恋あたためますか」の第4話から出演する女優の笹本玲奈さん(C)TBS

 女優の笹本玲奈さんが、女優の森七菜さんの主演ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」(TBS系、火曜午後10時)の第4話(11月10日放送)から出演することが10日、わかった。笹本さんが演じるのは、物語の今後の展開の鍵を握る重要なキーパーソン。笹本さんが同局のドラマに出演するのは、2019年に「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で放送されたドラマ「ノーサイド・ゲーム」以来となる。

 「ノーサイド・ゲーム」は、大手自動車メーカー「トキワ自動車」で働いていたが府中工場に左遷され、低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のGMを兼務することになった君嶋(大泉洋さん)が、自身とチームの再起に挑む姿を描いた作品。笹本さんは、「アストロズ」のアナリスト・佐倉多英役を務め、ボブヘア、シャツの上に羽織った作業服、メガネがトレードマークで、SNSでは「メガネの美女は誰?」と話題を集めた。

 「この恋あたためますか」は、21歳のコンビニアルバイトの井上樹木(森さん)と、樹木が勤めるコンビニチェーン「ココエブリィ」の社長・浅羽拓実(中村倫也さん)が、コンビニスイーツの開発を通して、次第にお互いを意識し、引かれ合うようになる……というオリジナル脚本の物語。

 笹本さんが演じるのは、「ココエブリィ」の創業者の孫娘であり、現在の筆頭株主・清水香織。樹木と浅羽、そして「ココエブリィ」の今後の展開の鍵を握る重要なキーパーソンになるという。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る