魔女見習いをさがして:新鋭・鎌谷悠監督が描くどれみ世代のリアル 3人のヒロインが「現実にいるように」

アニメ
「魔女見習いをさがして」の一場面(C)東映・東映アニメーション

 人気アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年記念作で、オリジナルスタッフが製作する劇場版アニメ「魔女見習いをさがして」が、11月13日に公開された。「おジャ魔女どれみ」の初代シリーズディレクターである佐藤順一さんと共に監督を務めたのが鎌谷悠さんだ。「魔女見習いをさがして」に登場する「おジャ魔女どれみ」世代の3人のヒロインと年齢が近い鎌谷監督は「3人のヒロインが現実にいると感じてもらえるよう」にリアリティーを追求したという。今作が監督デビューとなった鎌谷監督のこだわり、作品への思いを聞いた。

 ◇現代女性が共感できるキャラクター 実体験を生かす

 「魔女見習いをさがして」は、22歳の教員志望の大学生の長瀬ソラ、27歳の会社員の吉月ミレ、20歳のフリーターの川谷レイカが主人公で、子供のころに「おジャ魔女どれみ」シリーズを見ていた3人が出会い、一緒に旅に出ることになる。女優の森川葵さんがソラ、松井玲奈さんがミレ、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんがレイカをそれぞれ演じる。三浦翔平さん、石田彰さん、浜野謙太さんも声優として出演する。

 鎌谷監督は、シナリオ打ち合わせの途中から作品に参加した。東映アニメーションの関弘美プロデューサーは、鎌谷監督が演出を務めたテレビアニメ「京騒戯画」の時から、その丁寧な仕事ぶりに注目しており、「おジャ魔女どれみ」のノウハウを伝承していきたいという思いもあって、監督として抜てきすることになったという。鎌谷監督が参加した段階で、シナリオは完成し、一部の絵コンテも出来上がっていたが、「直したいところがある」とシナリオ打ち合わせを鎌谷監督から申し出たという。

 打ち合わせで修正が加わった例として鎌谷監督が挙げたのは、一流商社に勤め、上司からパワハラを受けるミレと、その後輩の矢部隼人の描かれ方だ。

 「元々のシナリオでは、ミレが夢を探っていく部分で矢部君がアシストしていて、矢部君が示した道をミレが歩いていく感じになっていました。そこは、ミレが自分が決めていくような感じにしたいとお願いしました」

 佐藤監督は「当初、矢部は悩んでいるミレに道を示してくれて、露払いをしてくれる王子様のような存在だった。僕と脚本の山田(隆司=栗山緑)さんの中では『大人になったとはいえ、王子様のような人が周りにいてくれたらうれしいだろう』と思っていた」といい、鎌谷監督が打ち合わせで「そういう守ってくれる男の人がいる時点で、彼女は何を悩んでいるんだろう?と思ってしまう。見ている女性はミレが好きになれない」と指摘したことに「全くない視点でした」と語っている。「鎌谷さんが入ったことで、ターゲットとして想定している現代の女性たちの体感が見えてきた」という。

 鎌谷監督は美術系大学出身である自身の経験もキャラクター作りに反映させた。

 「フリーターのレイカちゃんも、元々は専門学生という設定でしたが、お金もそんなに持っていなくて、夢もぼんやりしている状態で、専門学校に行くのはお金の無駄でもあるので、あまりよくないんじゃないかなと。自分が美大出身で、『美術系では結構こういうことはあるよね』ということを踏まえられたのかなと思います。人生で経験している部分だと、ちゃんとリアルと言い切れるので、そこを設定に入れられたのはよかったですね」

 ◇リアリティーやあるあるで「寄り添える作品に」

 鎌谷監督はどれみ世代に近い年齢だが、リアルタイムで見ていたのは「美少女戦士セーラームーン」や「きんぎょ注意報!」だったという。今回改めて「おジャ魔女どれみ」を見て、「親の離婚など重い問題も描いているが、トラウマになるようなことはない」と感じた。

 「重い問題に触れることで、同じ悩みを持っている人たちが寄り添ってもらえたと感じられるというか、そこに着地できる『どれみ』って、すごくいい子供向けアニメだなと思いました。実際の子供たちに寄り添っていくところも考えなきゃいけないと、ちゃんとしたアニメ作りみたいなものを改めて考えさせられました」

 そうした思いがあったからこそ、「魔女見習いをさがして」も「リアリティーや“あるある”の要素を入れて、観客により近い気持ちで見てもらえるような、寄り添える作品」を目指した。

 ヒロインたちが実在の土地を巡る旅のシーンが多いため、入念にロケハンをして「現実にある場所の良さを損なわないように」心がけた。

 「名古屋駅、飛騨高山、白川郷などをロケハンしました。ミレが夜中にバスで東京から広島へ行くシーンもあるので、一人で夜行バスで広島まで行って、本当にこのバスで行けるのかなと(笑い)。実際に行ってみて、現実にある場所として描いたほうが、ミレ、ソラ、レイカがより現実にいる子のように感じてもらえるんじゃないか、こちら側の世界に寄った感じで見てもらえるんじゃないかと思いました」

 衣装デザイン協力として中村章子さんが参加し、キャラクターたちの服装、持ち物にもそれぞれの性格や現実っぽさを重視した。3日間の旅行で、ズボンだけは前日と同じものをはいているといった細かい旅行あるあるも描かれているという。「リアルさにこだわることは、やり始めたらきりがなかった」と鎌谷監督は語っており、細やかな描写に注目すると、さまざまな発見があるかもしれない。

 ◇「どれみちゃんはずっとそばいてくれる」 半歩でも踏み出すきっかけに

 作品作りの上で、鎌谷監督が「楽しかった」と語るのは、ギャグシーンなどでキャラクターの表情が崩れるパートだ。

 「一番最初に五十嵐(卓哉)さんの絵コンテがあがっていて、その段階でソラちゃんのギャグシーンで表情が崩れていたんですよね(笑い)。そこで『あ、ここまでやっていいんだ』という指針を作っていただけました。『どれみ』は深刻なシーンもあるけど、いい案配にギャグが入っていて、見る側が心理的に助かる部分もあるので、そのバランスは自分のコンテでも外れないように気をつけました。とはいえ、『どれみ』は結構崩していいほうのアニメ、やりきっていいアニメだと思ったので、キャラを崩すターンは結構楽しめました」

 佐藤監督から学ぶことも多かったという。

 「シナリオ打ち合わせ、編集、アフレコ、ダビングと全部本当にすごいなと思ったんですけど、特に音響関係には驚きました。今回は女優の方がメインの3人を演じるので、3人がそろって掛け合えるようにスケジュールまで管理してくれていました。コンテでも、佐藤さんは『おじゃ魔女どれみ』を見ていた人がほしいものを分かっているから、冒頭で見る人の心をぐっとつかんでいて。すごい!と思いました」

 「おジャ魔女どれみ」シリーズの「シリアスな問題にも向き合う」という思いの強さも感じた。

 「関さんや脚本の栗山(緑)さんは、重い問題も逃げずに描くことを大切にされていると思うのですが、今は多くの作品で、繊細な問題は触れないでおこうとなりがちなんです。そこをぐいぐいいける力強さ、『これでいきましょう』と言い切れる強さは見習っていきたいなと思いました。同じ問題を抱えている人が、作品を見て『寄り添ってもらえた』と感じられる。そういうプロデューサーの思いが作品に表れるのは、関さんのプロデューサー力の強さだと思います」

 最後に、「魔女見習いをさがして」を見て「半歩でも踏み出すきっかけになってくれたら」と話す。

 「作品を見て、『どれみちゃんはずっとそばいてくれていたんだ』『これからもずっとそばにいてくれる、寄り添っていてくれる』と感じられると思います。『どれみ』を見ていなかった人たちも、ミレ、ソラ、レイカがそれぞれの問題に向き合っている姿勢を見て、半歩踏み出すくらいの気持ちになってくれたらいいなという思いで作りました。ちょっと背中を押されたような気持ちになって帰ってもらえたらうれしいですね」

 「おジャ魔女どれみ」のオリジナルスタッフに、鎌谷監督が加わり、等身大の3人のヒロインの物語が色鮮やかに描かれる本作。「どれみ」を見てきた人も、そうでない人も、共感できる瞬間があるはずだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る